• ホーム
  • 芸能
  • 有村架純主演ドラマ『海に降る』キャスト追加発表

有村架純主演ドラマ『海に降る』キャスト追加発表

 女優の有村架純が連続ドラマに初主演するWOWOWの『連続ドラマW 海に降る』(10月放送予定)の出演者が追加発表された。

 有村が演じる有人潜水調査船「しんかい6500」の日本人初となる女性パイロット・天谷深雪が、組織の中で奮闘し、亡き父の遺志を受け継ぎ、深海の謎に命を懸けて臨む、海洋ロマンあふれるヒューマンドラマ。

 新たに発表されたのは、海底資源の性急な開発を画策するJAMSTEC(海洋研究開発機構)新理事長・石堂将司役に遠藤憲一、JAMSTECの元パイロット兼研究者であり深雪の父・天谷厚志役に時任三郎、深雪の母・天谷直子役にWOWOWドラマ初出演の原田知世、JAMSTECの広報戦略室長・正田眞美子役に板谷由夏

 板谷は「ジェームス・キャメロン監督の映画『アビス』を思い出し、小学1年生の長男の本棚から海の図鑑をひっぱり出してしんかい6500を眺め、未知の世界に思いを馳せました。有村架純さん演じる深雪を、支えたいと思います」とコメントを寄せた。

 民間から来た技術センター長・陣内公彦役に竹中直人、JAMSTEC理事・皆川彰平役に平泉成、深雪の所属する有人潜水調査船「しんかい6500(6K)」運航チームの司令・多岐隆司役に西岡徳馬、潜航長・神尾宏役に筒井道隆、整備長・近藤恒哉役に高橋和也ら。既報のキャストに、深海の謎に挑む地質学研究者・高峰浩二役の井上芳雄がいる。

 朱野帰子氏が執筆した同名小説が原作(幻冬舎文庫)。JAMSTECの全面協力を得て、昨年に完成25周年を迎えた「しんかい6500」をはじめとした潜水船、研究船で撮影、全編4Kカメラで収録し、深海の美しさを追求。「リアルな深海世界」「海洋科学技術の最先端」を圧倒的なリアリティで描く。

 JAMSTEC(海洋研究開発機構)で、有人潜水調査船「しんかい6500(6K)」の運航チームに所属する天谷深雪は、6Kのパイロットになることを夢見ていた。父・厚志もパイロット兼研究者だったが、志半ばで病死。深雪は、幼少期に父が話してくれた“深海の宇宙”を探索することを目標に、パイロット候補生として日々業務にいそしむ。

 そんなある日、深雪は6Kに搭乗するチャンスをつかむ。JAMSTECも日本人初の女性パイロット誕生とあって広報活動に余念がない。しかし潜航直前、深雪は父のロッカーの中から1本のテープを見つける。そこに記録されていたのは、未知なる巨大な物体や深海に取り残されたパイロットたちの恐怖の映像であった。そこには父の最期の姿も映っていた。美しき深海とは程遠い、衝撃的な映像を目にした深雪は、激しい恐怖に襲われる。果たして彼女は、暗黒の深海から無事に帰還できるのか。



タグ

オリコントピックス