堤真一主演『リスクの神様』初回7.0%

 俳優の堤真一が16年ぶりに民放ドラマに主演するフジテレビ系ドラマ『リスクの神様』(毎週水曜 後10:00)の初回が8日放送され、平均視聴率が7.0%だったことが9日、わかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。初回は15分拡大版で放送された。

 トラブルに巻き込まれた企業や個人、その家族を救う、危機管理専門家たちの活躍を描く社会派ドラマ。初回は、米国のGE社や政府関連の危機管理に携わり、業界内で「the God of risk」(リスクの神様)と称される伝説の危機管理専門家で、日本最大の商社・サンライズ物産の危機対策室長として雇われた主人公・西行寺智(堤)の最初の仕事が描かれた。

 それは、サンライズ物産の女性総合職・神狩かおり(戸田恵梨香)が巻き込まれた、家電製品が相次いで発火する事故に伴うリコール問題を、最小限のダメージで収拾することだった。

 第2話以降、かおりも危機対策室に加わり、西行寺、結城実(森田剛)、種子島敏夫(古田新太)、財部栄一(志賀廣太郎)らと、さまざまなトラブル処理に奔走することになる。

 ほかに、山口紗弥加満島真之介、平幹二朗、田中泯、吉田鋼太郎小日向文世らの出演で、硬派な社会派ドラマを展開していく。



オリコントピックス