• ホーム
  • 芸能
  • 杏主演『花咲舞』初回は14.7% 前作に続き好スタート

杏主演『花咲舞』初回は14.7% 前作に続き好スタート

 女優のが主演する日本テレビ系連続ドラマ『花咲舞が黙ってない』(毎週水曜 後10:00)の第一話が8日、放送され初回の平均視聴率が14. 7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが9日、明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、昨年4月期に第一弾が放送された池井戸潤氏の小説『不祥事』『銀行総務特命』を実写化した人気作の続編。杏演じる正義感の強い銀行員・花咲舞が、上川隆也演じるベテラン行員の相馬健とともに銀行の各支店で起こるさまざまなトラブルを解決していくオフィスストーリー。前シリーズでは平均視聴率16.0%(全10話)・最高視聴率18.3%を記録していた。

 きのう放送の第一話では、舞と相馬コンビが様々な支店の問題を解決し始めて1年余りが経ったある日、投資信託トラブルが起こった日本橋支店への臨店を命じられる。顧客の諸角産業社長・諸角博史(佐藤B作)が、3000万円の投資信託を購入し半年後に解約したところ、元本割れをして300万円の損失が発生。だが諸角は、購入時に渉外課の北原有里(片瀬那奈)から「元本は保証する」「損はしない」と説明されていたと訴えて…という内容。この他ゲストとして、日本橋支店長の橋爪藤一役の寺脇康文のほか、お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉も出演した。



関連写真

  • 初回視聴率は14.7% 前作に続き好スタートをきった『花咲舞が黙ってない』 (C)日本テレビ
  • 第2話には成宮寛貴が出演(C)日本テレビ
  • 連続ドラマ『花咲舞が黙ってない』第2話 (C)日本テレビ
  • 連続ドラマ『花咲舞が黙ってない』第1話 (C)日本テレビ
  • 連続ドラマ『花咲舞が黙ってない』第1話 (C)日本テレビ
  • 連続ドラマ『花咲舞が黙ってない』第2話 (C)日本テレビ
  • 連続ドラマ『花咲舞が黙ってない』第2話 (C)日本テレビ

オリコントピックス