アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 実写『となりの関くん』ヒロインに清水富美加「謎の申し訳なさがあります」

実写『となりの関くん』ヒロインに清水富美加「謎の申し訳なさがあります」

 女優の清水富美加(20)が7月よりスタートするTBS・MBS系深夜の二本立てドラマ『となりの関くんとるみちゃんの事象』の『となりの関くん』パートでヒロイン・横井るみ役に起用されたことが25日、明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 現在はNHK連続テレビ小説『まれ』では主人公の親友・蔵本一子役で注目を集めている清水だが、今回演じるのは授業中にさまざまな遊びに没我(ぼつが)する謎の男子生徒『関くん』(渡辺佑太朗)の、隣の席の真面目な女の子・『横井さん』。毎回、先生に隠れてドミノ、将棋、ゴルフ、ラジコンなど…自由で斬新な遊びをし続ける関くんに翻弄(ほんろう)される横井さんを心の声と表情の豊かさでコミカルに表現する。

 累計発行部数320万部突破(2015年4月現在)の人気コミックを原作とあって清水は「まわりで読んでる人が多いので謎の申し訳なさがあります」と冗談交じりに恐縮。「しかし、なるべく横井さんに近付いて、でも自分の良さも失わずに望めたら良いなと思います。台詞でのお芝居が少なく、リアクションでお芝居が多いので、難しくて奮闘してます。楽しんでいただけたら幸いです」と意気込みを語っている。

 原作の森繁拓真氏は「横井さん役が清水さんに決まったときは小躍りして喜びました。柔らかな雰囲気やコミカルな演技がとても魅力的で、まさにピッタリな女優さんだと思います」も太鼓判を押している。MBSでは7月26日から毎週日曜深夜0時50分、TBSでは7月28日から毎週火曜深夜1時11分より放送開始。



関連写真

  • MBS、TBS系二本立てドラマ『となりの関くんとるみちゃんの事象』の『となりの関くん』パートでヒロイン・横井るみ役に起用された清水富美加 (C)2015森繁拓真・KADOKAWA刊/ドラマの関くん製作委員会
  • 清水富美加が実写ドラマ『となりの関くん』の横井るみ役で出演(C)2015森繁拓真・KADOKAWA刊/ドラマの関くん製作委員会

オリコントピックス