• ホーム
  • 芸能
  • “キャンジャニ∞”ついにCDデビュー CMから誕生したガールズユニット

“キャンジャニ∞”ついにCDデビュー CMから誕生したガールズユニット

 人気アイドルグループ・関ジャニ∞が出演するゲームアプリ『キャンディークラッシュソーダ』のCMで、メンバー全員がキュートな女の子に変身したことで話題を呼んでいるガールズユニット“キャンジャニ∞”が、デビューシングル「CANDY MY LOVE」(今夏予定)を発売することが20日、わかった。錦子(錦戸亮)は「ついにキャンジャニ∞のデビュー曲が完成しました! ぜひ皆さん聴いてください!」と呼びかけ、安子(安田章大)も「曲だけじゃなくてPVもぜひ観てくださいね。私のせつなくてかわいい表情に注目してください」とアピールしている。

 今年4月よりCMに起用された関ジャニ∞。メンバー7人がキュートな女の子に変身し、その可愛らしさゆえにお披露目当初から、多方面で大きな話題となった。ファンからも「“キャンジャニ∞”で曲を発売して欲しい!」などの声もあり、今回正式にINFINITY RECORDS(インフィニティ・レコーズ)からCDデビューが実現。“恋に恋する女の子のせつない心境”をテーマにしたミディアムバラードが完成した。

 前回のCM撮影で“イカのするめ”が大好きだという設定がツボにはまった、すば子(渋谷すばる)は「イカを食べながら一生懸命歌いました、皆さんもイカを食べながら聴いてくださいね」と呼びかけ、横子(横山裕)は「30歳過ぎてなにをやらせるのかって話です」と茶目っけたっぷりにコメント。

 丸子(丸山隆平)は「ぶっちゃけ私みんなが思っているほどブサイクじゃないです」とちゃっかり自身をPRすると、倉子(大倉忠義)は「丸子みたいなブサイクな子がいるのにデビューできるなんて」とポツリ。それでも「いまだに夢じゃないかな、ってホッペをつねってます」とデビューを喜び、村子(村上信五)は「キャンディーソーダはほんとに楽しいよ。私はもう390ステージまで進みました。皆さんもやってね〜」としっかりゲームをPRした。

 また、27日からは“キャンジャニ∞”のメンバーにCDデビューを発表した様子が描かれる新TVCM「楽曲篇」も放送開始される。



オリコントピックス