• ホーム
  • 芸能
  • 舞台『おもろい女』途中で公演中止 足立区の不審物捜索で退去指示

舞台『おもろい女』途中で公演中止 足立区の不審物捜索で退去指示

 東宝演劇部は1日、東京・足立区内各施設においての不審物捜索のため、午後1時からシアター1010で行われていた舞台『おもろい女』を第一幕終了時点で、中止したことを報告した。

 発表によると、同日は午後1時より公演がスタート。しかし、足立区より区内各施設においての不審物捜査のため、退去指示があったとし、第一幕終了時点で公演を中止。この指示により、観客・出演者・スタッフ全員がシアター外へ避難した。

 現在は、安全も確認され、あす2日の公演については予定通り上演する。

 同舞台は、昭和初期に活躍した天才漫才師・ミス・ワカナが結婚・別離を経ながら漫才で人気の頂点を極め、若くして命を落とすまでを描いた物語。天才漫才師ワカナを女優の藤山直美が演じ、相方であり夫である玉松一郎役を渡辺いっけいが務める。



オリコントピックス