• ホーム
  • 芸能
  • 漫画家・里中満智子、32年連載『天上の虹』完結 「勝手に描いてすみません」

漫画家・里中満智子、32年連載『天上の虹』完結 「勝手に描いてすみません」

 今年3月、ライフワークとして32年間にわたって描き続けた『天上の虹』を完結させた、漫画家の里中満智子氏が28日、東京・渋谷のNHKで行われた『歴史秘話ヒストリア』(毎週水曜 後10:00)の試写会に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 『天上の虹』は、いまから1300年ほど前、天武天皇(大海人皇子)の皇后で、夫に先立たれた後、即位して実際に治世を遂行した女帝・持統天皇(サララ)を主人公とした物語。1983年に『mimi DX』(講談社)で連載を開始し、後に連載誌が休刊する憂き目にあっても描き下ろしで単行本の刊行を続け、全23巻で完結した。歴史を考察するための史料が絶対的に少ない古代を舞台にした作品だけに「勝手に描いてすみませんでした。誰か、文句の一つでも言いに夢枕に現れてくれないかと思っていたんですが、そんな神秘体験は一切ありませんでした」とユーモアを交えて話した。

 『天上の虹』の執筆中に、日本各地で発掘が進み、サララの時代は、最古の貨幣・富本銭(ふほんせん)の製造、「天皇」号の使用、巨大首都(藤原京)建設、「倭」から「日本」への国号変更など、大きな社会変革期だったことが考古学的に明らかになってきている。

 里中氏は「新発見により通説が覆ることもありますが、『天上の虹』では実在した人物の事実は変えないようにしてきました。ただ、その時、どんな気持ちだったのかは誰にもわからないことなので、フィクションになってしまいます。ほかの映画やドラマ、小説もそうですが、あくまでも入り口として、広い心で楽しんでいただけたらと思います」と、歴史に興味を持つきっかけとしての“漫画”を強調した。

 また、同作を描く上でもっとも心を砕いたのは、登場人物たちの「最期のシーン」だったという。「どんな人物だったのか、亡くなり方にいろいろ表れてくる。この描き方でよかったのか、すごく考えました。物語の中のヒーローもヒロインも、アンチな存在も、みんな一生懸命生きていたわけですから」と、キャラクター一人ひとりへの深い思いも明かしていた。

 並々ならぬエネルギーをもって史料と真摯(しんし)に向き合い、いまや古代史通として知られるようになった里中氏。『歴史秘話ヒストリア』では、『天上の虹』を参考にしながら、「古代日本 愛のチカラ〜よみがえる持統天皇の都〜」を制作(6月10日放送)。里中氏の原画に水樹奈々(サララ役)や吉野裕行らが声を当てる演出も加えながら、“日本誕生”に秘められた古代ロマンを描く。



関連写真

  • 『天上の虹』を完結させた、漫画家の里中満智子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『歴史秘話ヒストリア』の試写会に出席した(左から)渡邊あゆみアナ、里中満智子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『歴史秘話ヒストリア』の試写会に出席した(左から)渡邊あゆみアナ、里中満智子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『歴史秘話ヒストリア』の試写会に出席した(左から)渡邊あゆみアナ、里中満智子氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス