栗原類、発達障害を告白

 モデルで俳優の栗原類(20)が、25日放送のNHK『あさイチ』に出演。発達障害の一つである注意欠陥障害(ADD)であることを告白した。

 番組では“どう向き合う? 夫の発達障害”というテーマで発達障害について特集。ゲスト出演した栗原は「アメリカに引っ越したばかりだったから言語的な問題もあったんですが、担任の先生が、行動的な場面もおかしいと思ったので診察を受けてはどうですかと親に言って、ADDであることがわかったんです」と明かした。

 具体的には「人に合わせなかったり、家を出る時間をぴったりと決めたり、水を飲まないと授業に参加しないなど、すごく決め事やこだわりがありました」と説明し、診断結果にとくにショックを受けるようなことはなく、むしろ診断を受けたおかげで「自身の弱点がわかりやすくなった。自分ができることとできないことがよりわかりやすくなった」と語った。



オリコントピックス