BUDDHA BRANDのDEV LARGEさん死去でZeebraら追悼

 ヒップホップアーティストのZeebra、K DUB SHINEらが5日、ヒップホップユニット・BUDDHA BRANDのリーダーなどとして活動したDEV LARGEさんが亡くなったことをそれぞれのSNSで明かし、追悼のコメントを寄せた。

 公式サイトなどによると、DEV LARGEさんは1969年東京生まれ。90年代初頭にBUDDHA BRANDを結成し、95年に「FUNKY METHODIST/ILLSON」、96年に「人間発電所」を発表。その後、自身のレーベルを立ち上げ、数々のアーティストに楽曲提供するなど日本のヒップホップ界に大きな足跡を残した。

 Zeebraはツイッターで「初めて会ったNY、誤解から始まったビーフを解消したT-FM、一晩中音楽の話をしまくった俺の家」と思い出を懐かしみ、「もうフルで『証言』出来ないんだね...。代わりにみんなで歌うよ。天国でゆっくり休日を楽しんでね」と追悼。最後は「偉大なる音楽家Dev Large。今までありがとう。これからもよろしくね」と結んだ。

 K DUB SHINEは「長年の友人であり、ライバルでもあり、同志でもあった世界に誇る日本のヒップホッパー、デブラージが昨日早朝天に召された」とツイート。「容体が良くないのは聞いてたが奇跡が起こるのを信じていた。残念すぎる。早すぎる。音楽界にとってもとてつもなく大きな損失だ」と悔しがった。

 シンガー・ソングライターでプロデューサーのHI-Dはフェイスブックで「そりゃないっすよコンちゃん。そんなに早くいかないでくださいよ〜朝から泣かせないでくださいよ〜。みんな悲しんでますよ〜」と悲嘆し、「少し先にいってトコナやビギーやジェームスブラウンと語ってるかな? 日本のHip Hopレジェンドが亡くなってしまった。DEV LARGE.....謹んでご冥福をお祈りいたします」と言葉を贈った。



オリコントピックス