アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 真木よう子、“小悪魔”診断に照れ「日常が役になってる」

真木よう子、“小悪魔”診断に照れ「日常が役になってる」

 女優の真木よう子(32)が22日、都内で行われた映画『脳内ポイズンベリー』(5月9日公開)イベント試写会に出席。同作にちなみ、心理コンサルタントの晴香葉子氏による真木の脳内診断が行われ、「全部わざとじゃなくて全部が自分。天性の女優さん。そういう方って一般社会だと小悪魔になるので、女性の敵になる可能性がある」と指摘されると、照れ笑いを浮かべた。

【写真】その他の写真を見る


 診断にうなずいていた真木は「いろんな役柄を演じているので、その都度テンションが違う。日常もその役になっている」と自己分析。佐藤祐一監督(52)から「『MOZU』の現場だったらテンションが違う?」と聞かれると、「『MOZU』とかひどいですよ。シャキーンとしている」と言ったところで、「あ、これ書かれたらやばい。やだ、やめてよ書かないでよ〜!」と記者に懇願。同席したIVAN(31)らから「かわいくなっている」と言われ、赤面していた。

 劇中で真木が年下男子を演じる古川雄輝(27)に年齢を言ったところ「ないわー」とひかれるシーンを振り返り、「私も32歳なので、軽くショックだった」と苦笑。「妄想のシーンで古川くんからどんどん言われるシーンも、本当にショックだった」と傷ついていたことを振り返った。

 同作は、水城せとなの人気コミックを実写映画化。7歳下の男性と年上の男性とのややこしい関係に苦悩するアラサー女性の脳内世界で、さまざまな役割を持つ脳内会議メンバーが討論を繰り広げる。



関連写真

  • 脳内診断に照れ笑いを浮かべた真木よう子 (C)ORICON NewS inc.
  • イベントに出席した(左から)晴香葉子氏、IVAN、真木よう子、古川雄輝、佐藤祐一監督(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『脳内ポイズンベリー』イベント試写会に出席した(左から)IVAN、真木よう子(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『脳内ポイズンベリー』イベント試写会の模様(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス