ドラマ&映画 カテゴリ

黒木瞳、政治家よりも「お芝居一筋」 WOWOW『スケープゴート』に主演

 WOWOWで放送中の『連続ドラマW スケープゴート』(毎週日曜 後10:00)。大人向け社会派ドラマで定評のある同局で、初めて政界内部を描いた作品が、斬新さと圧倒的完成度で話題になっている。女性政治家が総理大臣のポストに向けて突き進むストーリーで、女優の黒木瞳が主演する。原作は、米国系金融機関で債券ディーラーなどを経て、作家に転身した幸田真音氏の同名小説(中央公論新社)。

 第1話では、大学院教授で、政治や経済、環境問題、医療福祉などありとあらゆる分野に精通し、テレビのコメンテーターとしても活躍していた主人公・三崎皓子が、20年ぶりに連絡をもらったかつての恋人でテレビ局役員の矢木沢峻(石丸幹二)の引き合わせで、次の総選挙で政権奪還を狙う明正党総裁・山城泰三(古谷一行)と出会う。山城は、皓子に党の勉強会の座長を要請。返事をためらう皓子だったが、絵画教室の講師をしている夫・伸明(小林隆)の後押しもあり、政界に足を踏み入れることを決意。内閣府特命担当大臣金融担当に就任した直後、地方銀行の取り付け騒ぎが起き、早くも危機に追い込まれる。

 嫉妬ややっかみが渦巻き、隙あらば足を引っ張り合う輩ばかりの政治の世界に放り込まれた皓子は、生贄=スケープゴートか? それとも沈没に向かう国家を救う“ジャンヌ・ダルク”か? 日本初の女性総理大臣は誕生するのか? ひとりの女性政治家の姿を通し、国民が求める真のリーダー像を問いかける。

 「信念を貫き、志を持ち、いい国にしようという思いを実現するため邁進する皓子の強さに、ただただ感心するばかりです。『どんな時も全力でベストをつくします』と言い切るんですが、現実にはなかなか言えないせりふ。この一行のせりふでこの人のすべてが凝縮されているように感じました。彼女のように真っ直ぐで正当な人を演じるのは、クセのある人を演じるより何倍も難しい。余計なことは考えずにこの役と真っ直ぐに向き合うことを意識しました」(黒木)

 政治の世界に巻き込まれ、仕事と家庭の両立に悩む主人公は、子連れ同士で再婚し、2人の子どもと4人暮らし。「女性が働く上で家族の理解と支えの大切さを改めて感じました。家族のバックアップがあるからこそ、皓子は突き進んでいける。その姿を見て、働く女性たちにはスカッとした気分になっていただけたらと思います。女性がこれだけ頑張っているんだから男性も頑張れ、とエールになればうれしいですね(笑)」

 黒木の父親は町議会議員を務めていたといい、政治活動や選挙運動を目の当たりにしていた。「政治家になろうと考えたことはなかったですね、私はお芝居一筋でした」と黒木。ただ、今回、初めて政治家の役を演じ、「『大臣!』と呼ばれるのは、個人的に気持ちよかったです」と冗談めかしながら「ポスターにも使われていますが、官房長官会見の演説台に立った姿が意外と似合っていて、手応えを感じています。女性が総理大臣を目指していくお話はいままでになかったと思うので新しさがありますし、海外の政治ドラマに負けず劣らずのエンターテインメント性も十分あると思います」と自信たっぷりに語っていた。

 19日正午より第1話を再放送。同日午後10時より第2話が放送される(全4話)。

■番組ホームページ
http://www.wowow.co.jp/dramaw/scapegoat/

関連写真

  • WOWOWで放送中『連続ドラマW スケープゴート』に主演する黒木瞳
  • 日本初の女性総理大臣を目指すストーリーは「新しい」と作品への自信をのぞかせる

オリコントピックス

メニューを閉じる