アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 松本明子、干された過去を語る「すぐに放送禁止用語」

松本明子、干された過去を語る「すぐに放送禁止用語」

 タレントの松本明子松村邦洋が17日、都内でニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』による映画『龍三と七人の子分たち』(25日公開)ビバリー試写会に出席。自身の“アイドルデビュー”の話題を振られた松本は、「昔アイドルだったんですよ。デビューしてすぐに放送禁止用語言っちゃって干されたけど」と苦い思い出を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 日本テレビ系『進め!電波少年』で共演していた二人は、「もう電波中年ですよ」と自虐コメントで笑わせ、話題は1983年にデビューした松本のアイドル時代の話に。失言で干された経験を明かした松本は「干されていて、高田(文夫)先生に拾われた」と同番組で共演する高田への感謝をにじませた。

 イベントでは、松村が北野武監督の最新作となる同作に登場するキャラクターたちの物まねを連発。北野監督の物まねも披露し、会場を笑いに包んでいた。

 なお、20日に放送されるニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(前11:30)には、北野監督が生登場する。



関連写真

  • アイドル時代の苦い思い出を語った松本明子(C)ORICON NewS inc.
  • 北野監督の物まねを披露した松村邦洋(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『龍三と七人の子分たち』ビバリー試写会に出席した(左から)松村邦洋、松本明子(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『龍三と七人の子分たち』ビバリー試写会の模様(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス