• ホーム
  • 映画
  • “ブレない姿勢”で視聴率上昇 『午後のロードショー』金曜も放送開始

“ブレない姿勢”で視聴率上昇 『午後のロードショー』金曜も放送開始

 4月に放送20年目を迎えたテレビ東京系の人気番組『午後のロードショー』(毎週月〜木曜 後1:35〜)が、視聴率の上昇を受けて、3日より毎週金曜の同時間も映画が放送されることが2日、わかった。

 同番組は、洋画を中心に劇場で公開された作品だけではなく、海外のTVムービー(テレビ放送用に製作された映画)や、日本未公開作品も積極的に取り上げてきた。個性的なラインアップは評判を呼び、テレビで気軽に映画を楽しみたい視聴者だけではなく、コアな映画ファンにも好評を博し“ブレないテレ東”の一翼を担う名物番組となっている。

 近年では、複数作品を特集として一つに括って放送することで注目度が増す傾向があり、俳優に焦点を合わせたものや、ジャンルで分けたもの、“対決、宇宙生物!!!”といったテーマに注目したものなどさまざまな特集を組んできた結果、昼過ぎのテレビを見る人口が少ない時間帯ながら、2014年度は2011年度に比べて年間平均視聴率が1%以上高くなっている。

 好評を受けて、これまでドラマやバラエティー番組の再放送を行っていた、金曜日の同時間帯も、『午後のロードショー:金曜版』として映画の放送を開始する。スタート月となる4月は、メル・ギブソン主演の人気アクション『リーサル・ウェポン』の1〜4作目を毎週1作ずつ一挙放送。今後は、特定の俳優の出演作を一挙に紹介するなど、月毎のテーマを設定して作品を放送する。

 また、6日からの3日間は、“祝!20周年突入 SP”と題して、映画『デモリションマン』(シルベスター・スタローン主演)、『WHO AM I?』(ジャッキー・チェン監督/脚本/主演)、『狼よさらば』(チャールズ・ブロンソン主演)を放送する。



オリコントピックス