• ホーム
  • 芸能
  • 松井玲奈、セーラー服姿を披露 WebCMで迫真の演技

松井玲奈、セーラー服姿を披露 WebCMで迫真の演技

 SKE48のメンバーで、女優としても活躍している松井玲奈が、ソフトバンクモバイルの新WEB CMに登場することが30日、わかった。岩手県盛岡市の“つなぎ(繋)”を舞台に、生まれ育った故郷を離れる不安な心境や、通信により離れていても大切な人と“繋がる”ことができる喜びなどをセリフなしの表情のみで表現。“女優・松井玲奈”の魅力を存分に感じることができる、短編映画風の映像となっている。

 CMは、春を前に生まれ育った“繋”の街を旅立つひとりの女性が主人公。母校の体育館に立ち寄り、故郷を離れる不安を感じていると、ふと放課後の教室にひとりでいたときの思い出がよみがえってくる。喧嘩をしてしまっていた親友から届いたメールを見ると、たとえ距離が離れていても、通信が“つながる”だけで思いも“つながる”ことに気付く。いつしか不安な感情は消え、笑顔で故郷を旅立つ――というストーリーとなっている。

 撮影は3月下旬に繋で行われたが、数日前に桜が開花しぽかぽか陽気となっていた関東とは対照的に、撮影当日の盛岡は何と雪。前日から降り続いた雪で街全体が雪化粧をまとっている。周囲のスタッフは冷たい強風に震えていたが、松井本人はそんなことを感じさせない渾身の演技で、撮影もスムーズに進行。セリフなどはなく、少ない動作や表情だけで感情を表現しなければいけない難しい撮影だったが、終了後には「言葉で言わない分、いろんなふうに感じて解釈してもらえるのはすごく面白いことだと思います。見た人によって感じ方が違うと思うので、どういう風に思ってもらえるのかなって考えると楽しみです」と話していた。

 また、回想シーンの撮影でセーラー服を着用した松井は「なんかそわそわしました(笑)」と振り返りつつ、今回のテーマ“つながる”ことを実感する瞬間として「(SKE48の)メンバーとなかなか会えないときでも、メールなどでやり取りするだけで同じ時間を共有できること」を挙げ、「みんなが電波を介して繋がれるようになったのは嬉しいですよね。自分が発信するものを見てもらえる、それに対して反応がもらえるというのは嬉しいです」とコメントした。

 松井玲奈が出演するソフトバンクモバイルの最新WEB CM「松井玲奈 旅立ち〜どこに行ってもつながっている〜」篇は、30日よりソフトバンク公式YouTubeチャンネルにて公開されている。




オリコントピックス