• ホーム
  • 芸能
  • 病乗り越え…西城秀樹、8年半ぶり新曲「ヒデキ、カンレキ!」

病乗り越え…西城秀樹、8年半ぶり新曲「ヒデキ、カンレキ!」

 2度の脳梗塞から復帰した歌手・西城秀樹(59)が、8年半ぶりとなる新曲「蜃気楼」などが収録される還暦記念アルバム『心響 -KODOU-』(4月13日発売)を完成させたことが28日、わかった。60歳の誕生日発売に向け、後遺症と闘いながら1年かけて完成にこぎつけた西城は、かつて自身が出演したCMの名フレーズをもじり、「これこそ本当の『ヒデキ、還暦!』いや、感激です」とダジャレを交えて喜びをかみしめた。

【写真】その他の写真を見る


 西城は2003年6月、11年12月と2度、脳梗塞を発症。現在でも右手と右足にしびれが残り、リハビリを続けながらも歌手活動を再開させ、自身のヒット曲の数々を「全曲リアレンジ・新録音」するアルバム制作を進めてきた。

 都内のスタジオで今剛(G)、松原秀樹(B)、山木秀夫・長谷川浩二(Dr)ら一流ミュージシャンとともにセッションする形でレコーディングしてきたが、後遺症との闘いで順調には進まず、何も録音せずに帰る日も。1曲録るのに2週間ほどかかり、全20曲(メドレー収録曲含む)の制作には1年の期間を要した。

 なかでも「この曲との出会いは運命を感じています」と言うほど思い入れの深い曲が、8年半ぶりの新曲「蜃気楼」だ。もともとは、「夏の日の1993」のミリオンヒットで知られる男性デュオ・classの岡崎公聡(ko)がボーカルを務めるバンド「Battle Cry」の楽曲で、「いつかカバーしたい」と思っていた矢先、脳梗塞が再発した。

 以前とは「180度変わってしまった」自身の体に絶望感を抱いたという西城は、ふと、「蜃気楼」の歌詞にある「もう一度だけなら立てる気がした 焦げ付きそうなこの体」というフレーズを思い出し、復活を目指すきっかけに。「暗がりの中から一筋の光が見えたような、そんな気がしました」と振り返る。

 12年2月の復帰以降、コンサートのアンコールで同曲を歌い続けてきた西城は「僕自身にエールを送るためでもありますが、聴いてくださる皆様にも心に響いた歌でもあったようです。この曲は僕が歌ってこそ意味がある」との思いを深め、同曲の作詞作曲者でもあるkoに相談し、西城の8年半ぶりの新曲としてアルバムに収録することを決めた。

 ようやく完成にこぎつけ、「60歳という節目の年にニューアルバムを発売できること、最高に幸せです」と感無量。自身の名曲のセルフカバーについても「日本のトップミュージシャンが集結してくれ、僕の財産とも呼べるオリジナルナンバーを蘇らせてくれました。過去の自分を否定するつもりは全くありませんが、年代によって文化も変わっていくように、僕のオリジナル曲も2015年に発表したならこれしかない、という最高の出来になりました」と手応えをにじませた。

 本作は通常盤、ブックレット付き完全限定盤、DVD付き完全限定盤の3形態で発売。現在は60〜70年代のヒット曲を持つアーティストが集結したジョイントコンサート『Hit Song JAPAN 昭和 同窓会コンサート』で全国ツアー中で、秋には単独ツアーを予定している。

■西城秀樹『心響 -KODOU-』収録曲
01. 恋する季節
02. ちぎれた愛
03. 激しい恋
04. Medley(薔薇の鎖〜ジャガー〜ブーメランストリート)
05. 傷だらけのローラ
06. 恋の暴走
07. 至上の愛
08. Medley(この愛のときめき〜君よ抱かれて熱くなれ〜若き獅子たち)
09. ブーツを脱いで朝食を
10. 炎
11. YOUNG MAN(Y.M.C.A.)
12. Medley(ブルースカイ ブルー〜サンタマリアの祈り)
13. ジプシー
14. ギャランドゥ
15. 蜃気楼(新曲)

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 病を乗り越え、8年ぶりの新曲を含むアルバムを完成させた西城秀樹
  • 根気強く1年かけて還暦記念アルバムを制作した
  • 西城秀樹『心響 -KODOU-』(4月13日発売)DVD付き完全限定盤
  • 西城秀樹『心響 -KODOU-』(4月13日発売)豪華ブックレット付き完全限定盤
  • 西城秀樹『心響 -KODOU-』(4月13日発売)通常盤
  • 4月13日の60歳の誕生日にアルバム『心響 -KODOU-』を発売する西城秀樹

オリコントピックス