アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 爆問・太田、“巨匠”テリー・ギリアム監督に毒舌連発「アカデミー獲ってから来て」

爆問・太田、“巨匠”テリー・ギリアム監督に毒舌連発「アカデミー獲ってから来て」

 お笑いコンビ・爆笑問題が27日、東京・YEBISU GARDEN CINEMAで行われた映画『ゼロの未来』(5月16日公開)のイベントに出席。2人とも大ファンを公言している同作のテリー・ギリアム監督(74)と5年ぶりに再会を果たした。会うのは今回が3回目ということもあり、太田光(49)はギリアム監督に親しみを込めて「一般受けしない映画」「彼は金儲けの仕方を知らない」と終始毒舌を連発した。

【写真】その他の写真を見る


 ギリアム監督は、熱狂的なファンをもつイギリスのコメディグループ“モンティ・パイソン”のメンバーであり、『未来世紀ブラジル』『12モンキーズ』『Dr.パルナサスの鏡』など多くの映画を手がけてきた“巨匠”。

 そんな巨匠を前にした太田は、同作の感想について「相変わらずわかりにくい」とバッサリ。続けて「一般受けはしない映画」「アカデミー賞を獲ってから来て」と毒舌を浴びせたが、ギリアム監督も「それは認めます」と笑顔で返すなど、仲の良さをうかがわせていた。

 イベントでは、“ゼロ”にちなんだゲームで爆笑問題とギリアム監督が対決したが、サービス精神旺盛なギリアム監督はステージを降りるなど暴走し、太田と一緒になって笑いをとっていた姿に、相方・田中裕二(50)は「ボケが似ている」と苦笑。勝負に勝ったギリアム監督へ、爆笑問題の二人からキスが贈られた。

 同作は、コンピューターに支配された世界を舞台に、人間の存在意義と生きる目的を問うSFドラマ。荒廃した教会にこもり、謎の数式を解こうとする孤独な天才技師の人生が、ある女性との出会いを機に動き出していく。



関連写真

  • 5年ぶりに再会を果たした(左から)爆笑問題・太田光、テリー・ギリアム監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 5年ぶりに再会を果たした(左から)太田光、テリー・ギリアム監督、田中裕二 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ゼロの未来』のイベントに出席した(左から)太田光、テリー・ギリアム監督、田中裕二 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス