• ホーム
  • 映画
  • 【沖縄国際映画祭】ウーマン村本、出演映画の「役を覚えていない」

【沖縄国際映画祭】ウーマン村本、出演映画の「役を覚えていない」

 若手俳優の坂口健太郎、子役の池田優斗、ウーマンラッシュアワーの村本大輔が25日、第7回沖縄国際映画祭で行われた映画『at Home』の舞台あいさつに登壇した。まだ完成した作品を観ていないという村本は、「撮影は1年以上前で、役を覚えていないんです。(映画の)見どころを教えてください」と観客に問いかけ、笑いを誘った。

 竹野内豊と松雪泰子がメインキャストを務める同作は、ごく普通に見える一般家庭の、普通とは大きく違っているある事情を描く家族の物語。村本は撮影エピソードを聞かれると「松雪さんの足を触るシーンで何度もNGを出しましたが、わざとです」。しかし、締めの挨拶では「原作はおもしろくて何度も読み返しました。映画も期待以上のものに仕上がっていると思います」と俳優の顔になり真面目に答えた。

 一方、坂口は作品の魅力を「家族一人ひとりに過去があって、通常とは異なる愛のあり方が描かれています。ご覧になった方がなにかを考えるきっかけになればうれしいです」とアピールした。

【写真】第7回沖縄国際映画祭レッドカーペットにNMB48も登場!
【特集】第7回沖縄国際映画祭『今まで以上にワクワクするお祭りを…!』

オリコントピックス