• ホーム
  • 芸能
  • 柳ゆり菜、びわ湖で一日船長満喫「なかなかできない経験、うれしいです」

柳ゆり菜、びわ湖で一日船長満喫「なかなかできない経験、うれしいです」

 女優の柳ゆり菜が14日、滋賀県・琵琶湖に春の観光シーズンの訪れを告げる『第60回びわ湖開き』(主催:びわ湖大津観光協会など)で大型観光船「ミシガン」の一日船長を務めた。

 NHKで放送中の連続テレビ小説『マッサン』(月〜土 前8:00 総合ほか)で、鴨居商店の太陽ワインのポスターモデル・みどりを演じて一躍脚光を浴びた柳は、『マッサン』のスピンオフドラマ・前編「すみれの家出〜かわいい子には旅をさせよ〜」(4月25日放送 後8:00 BSプレミアム)への出演も決定。

 「春の扉を開く」という意味を込めた黄金の鍵を湖に投げ入れる大役を無事にやり終え、柳は「びわ湖の安全や、環境保全を祈って投下しました。なかなかできない経験をさせていただいて、一日船長に選んでいただいて、本当にうれしいです」。観光船に今回初めて乗った柳は「びわ湖の周りに笑顔が咲く、笑顔が絶えないびわ湖になればいいなと思います。四季によっていろいろな景色を見られる場所なので、何度でも足を運んでいただきたいです」とびわ湖のPRにも熱が入った。

 同イベントでは、NHK大阪放送局制作のドラマ出演者が一日船長を務めることが恒例となっており、昨年は木曜時代劇『銀二貫』に出演していた松岡茉優、一昨年は連続テレビ小説『純と愛』で狩野マリヤ役を演じた高橋メアリージュン、2012年は連続テレビ小説『カーネーション』から川崎亜沙美が参加していた。



関連写真

  • 『第60回びわ湖開き』恒例の一日船長を務めた柳ゆり菜 (C)NHK
  • 黄金の鍵を湖に投げ入れ春の扉を開く(C)NHK

オリコントピックス