• ホーム
  • 芸能
  • 小澤征悦、相武紗季“セミヌード”ポスターに興奮「ずっと見ていたい」

小澤征悦、相武紗季“セミヌード”ポスターに興奮「ずっと見ていたい」

 女優の相武紗季(29)、俳優の小澤征悦(40)が20日、都内でWOWOW『連続ドラマW 硝子の葦〜garasu no ashi〜』完成披露試写会イベントに出席した。相武が一糸まとわぬセクシーなセミヌードを披露しているポスターが話題の同作。この日、ポスターをまじまじと見つめた小澤は「ずっと見ていたいですね…」と興奮気味に語った。

 ポスターの感想を求められた相武は「一糸まとわぬ、というよりはアクロバティックな体勢が大変だった。けっこう体を折り曲げたので…」と撮影を振り返り、三島有紀子監督は「フランス映画みたいにしたかった」とコンセプトを明かした。

 「ずっと見ていたいですね…」と本音を漏らした小澤だったが、「ポスターとしては大成功では。全体の色、トーンが素晴らしい」と最後は“まじめ”に太鼓判を押した。

 同作は、直木賞作家・桜木紫乃氏の同名小説をドラマ化。女性の業と情念から生まれる犯罪を、性愛シーンを絡めながら巧みに描く。同氏の実家が経営していた北海道・釧路のラブホテルを思わせる「ホテルローヤル」が物語の中心。

 母の元愛人と結婚する、数奇な運命の女性を演じる相武は「不幸な運命を背負っているのに生き生きしている、カリスマ的でカッコイイ女性。その通り演じようと撮影に臨んだ」などと話していた。



オリコントピックス