• ホーム
  • 映画
  • SKE珠理奈、出演映画で“七変化” セーラー、花嫁、パジャマ、喪服姿も初披露

SKE珠理奈、出演映画で“七変化” セーラー、花嫁、パジャマ、喪服姿も初披露

 アイドルグループ・SKE48松井珠理奈が出演する映画『振り子』(2月28日公開)の場面写真がこのほど到着。中学生から20代までの15年間を演じる松井が、昔懐かしいセーラー服やジャージ、濡れた髪のままでのパジャマ姿、今回が初披露となる喪服姿、最高の笑顔のウエディングドレス姿など“七変化”を見せている。

【写真】前日公開『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』では11歳の珠理奈も…


 一組の夫婦の出会いから、結婚、出産、夢の実現、そして別れまでをお笑いタレントの鉄拳が描いたパラパラ漫画を実写化した同作。松井は主人公の大介(中村獅童)とサキ(小西真奈美)の娘・心晴(こはる)役として、女の子が昭和から平成にかけて大人になっていくまでの成長ぶりを可憐に演じている。

 初めて喪服を着て泣くシーンに臨んだ松井は「脚本を読んでいる段階では何度も涙が出たのですが、いざ撮影の時、なぜか涙が出なくて。でも周りの方々に励まされやり遂げることができました。そのシーンは是非劇場で観て欲しいです」と胸を張ってアピール。竹永典弘監督も松井の熱演に「実年齢に近い中学や高校時代はもちろんだが、今回は20代の少し大人の落ち着いた雰囲気を見事に表現している」と太鼓判を押している。



関連写真

  • 映画『振り子』よりウエディングドレス姿で微笑むSKE48の松井珠理奈
  • 映画『振り子』よりセーラー服の松井珠理奈
  • 映画『振り子』よりジャージ姿の松井珠理奈
  • 映画『振り子』より喪服姿の松井珠理奈

オリコントピックス