• ホーム
  • 映画
  • 松井珠理奈、SKE記録映画完成に感慨 石原監督「卒業生の呪縛を解き放つ」

松井珠理奈、SKE記録映画完成に感慨 石原監督「卒業生の呪縛を解き放つ」

 人気アイドルグループ・SKE48松井珠理奈らが15日、東京・TOHOシネマズ有楽座でグループ初のドキュメンタリー映画『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』(石原真監督、2月27日公開)の完成披露舞台あいさつに登壇した。

【写真】その他の写真を見る


 同映画は、2008年夏に誕生したSKE48の6年7ヶ月分の記録映像と、本作のために新撮された現役・卒業生ら40人以上の単独インタビューによって構成。元NHKプロデューサーの石原監督によると、これまで在籍したメンバーは125人、4月頭には在籍メンバーが53人、卒業生が72人にのぼり、結成当初の“SKEスピリッツ”を残すため、芸能界を引退したOGにもインタビューを行っている。

 石原監督は客席に向け「恐らく皆さんは、卒業生の呪縛があると思う」と指摘し、ファンが大笑いすると「その呪縛、業を僕が一手に引き受けて、今回47人のインタビューをした。呪縛を一回解き放ち、新しいSKEに生まれ変わるための作品です」と熱弁し、拍手が送られた。

 松井珠理奈は「すごくつらかったこと、悔しかったことがあったんですけど、今見ると、みんながキラキラ輝いていた。これから大変なことがあっても、いつか見たときにはまたキラキラ輝けると感じました」と感慨深げ。「もし第2弾ができるとしたら、涙じゃなくて『アイドルの笑顔』というタイトルになるくらい、笑顔の絶えないSKE48をファンの皆さんとメンバーで作り上げていけたらいいなと思っています」と力を込めた。

 須田亜香里は昨年の総選挙同様にコメントが長くなりかけると、靴の中に忍ばせておいたカンペ2枚を取り出し、客席は爆笑の渦に。松井が「長いぞ」とささやくと、「記憶の中でカットしてください」と笑わせ、「私も後輩に譲らなくちゃ、辞めなきゃと考えていた時期もあった。でも、私が先輩の背中を見てきた日々を、後輩に教えられることもある。SKEのペースメーカー的存在に、一緒に走りがいのある先輩になれたらいいなと思います」と宣言していた。

 なお、主題歌はSKE48が歌う「僕は知っている」に決定。同曲は17thシングル(タイトル未定、3月31日発売)に収録される。舞台あいさつにはほかに、大矢真那江籠裕奈古畑奈和東李苑北川綾巴惣田紗莉渚が出席した。



関連写真

  • ドキュメンタリー映画『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』完成披露舞台あいさつに登壇した(前列左から)石原真監督、大矢真那、松井珠理奈、須田亜香里、(後列左から)江籠裕奈、古畑奈和、東李苑、北川綾巴、惣田紗莉渚
  • 松井珠理奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 須田亜香里 (C)ORICON NewS inc.
  • ドキュメンタリー映画『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』完成披露舞台あいさつに登壇した大矢真那 (C)ORICON NewS inc.
  • ドキュメンタリー映画『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』完成披露舞台あいさつに登壇した江籠裕奈 (C)ORICON NewS inc.
  • ドキュメンタリー映画『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』完成披露舞台あいさつに登壇した古畑奈和 (C)ORICON NewS inc.
  • ドキュメンタリー映画『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』完成披露舞台あいさつに登壇した東李苑(奥) (C)ORICON NewS inc.
  • ドキュメンタリー映画『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』完成披露舞台あいさつに登壇した北川綾巴 (C)ORICON NewS inc.
  • ドキュメンタリー映画『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』完成披露舞台あいさつに登壇した惣田紗莉渚 (C)ORICON NewS inc.
  • ドキュメンタリー映画『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』完成披露舞台あいさつに登壇した石原真監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス