• ホーム
  • 映画
  • ももクロ、『ドラゴンボール』ゲスト声優で出演 物語の鍵握る“天使役”

ももクロ、『ドラゴンボール』ゲスト声優で出演 物語の鍵握る“天使役”

 先日、アニメ映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(4月18日公開)の主題歌を歌うことが発表されたアイドルグループ・ももいろクローバーZが、同作にゲスト声優として出演することが3日、わかった。5人が演じるのはフリーザがいる地獄の天使役で、物語の鍵を握る重要なキャラクターという。

【写真】その他の写真を見る


 当初、天使は5人1色だったが、ももクロが出演することが決まり、5色に色付けされた。同日都内で行われた会見で、リーダーの百田夏菜子は「家族もびっくりしていました。スタッフもすごく喜んでくれたので、頑張りたい!」と気合十分だった。

 会見には、孫悟空役の声優・野沢雅子も出席。野沢とももクロは、2013年4月に行われた安倍晋三首相主催の「桜を見る会」で初対面しており、野沢は「そのとき『ドラゴンボール好きなんです』って言ってきてくれて。ももクロは私の中でファミリー」と共演を喜んだ。

 野沢は、ももクロに「天使でやったつもりでやればいいの。(普段から)天使なんだからそのままでいてもらえれば」とアドバイス。佐々木彩夏は「不安だけど、いい作品になれるように頑張ります」と意気込んだ。

 5人は今後アフレコを行う予定。



関連写真

  • アニメ映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』に声優として出演するももいろクローバーZと野沢雅子(中央)
  • ももクロが演じる天使のイラスト (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会
  • 鬼は外! フリーザに向かって豆を投げるももクロ

オリコントピックス