アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 夏菜、歌唱シーンに大苦戦「歌いたくなかった」

夏菜、歌唱シーンに大苦戦「歌いたくなかった」

 女優の夏菜が24日、都内で行われた東映VシネマDVD『流し屋 鉄平』上映舞台あいさつに出席した。同作でかつて歌手を目指しながらも夢を諦めてしまった女性を演じている夏菜は、劇中で歌唱シーンに挑戦。「必死でした。歌いたくなかったですし、どう表現していいかわからなかったので、もがきながら歌っていました」と苦戦した撮影を振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 夏菜が歌った「Woo Baby」を作詞・作曲したシンガー・ソングライターの榊いずみは「レコーディングではすぐに歌えていた。みんな歌を聴いてハートマークが出ていましたよ」と絶賛。それでも、「そこだけ目をつぶってほしい」と客席に懇願すると、共演者たちから「歌だから耳から聴こえる」とツッコまれていた。

 12年ぶりに東映Vシネマ復活となった同作は、ギター1本で全国を渡り歩く鉄平(寺島進)が、歌手の夢をあきらめかけていた朱美(夏菜)と出会い、その後押しをしようとする人情ドラマ。3月13日リリース。

 イベントにはそのほか、高岡奏輔加藤慶祐今野鮎莉、勝矢、森本のぶ、榊英雄監督が出席。榊監督の妻で音楽を担当した榊いずみは、劇中で寺島と夏菜が歌う「ROAD MOVIE」「Woo Baby」を生歌で披露した。



関連写真

  • 『流し屋 鉄平』上映舞台あいさつに出席し、歌唱シーンで苦戦したことを明かした夏菜 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)『流し屋 鉄平』上映舞台あいさつに出席した(左から)森本のぶ、榊いずみ、加藤慶祐、夏菜、高岡奏輔、勝矢、榊英雄監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 『流し屋 鉄平』上映舞台あいさつに出席した高岡奏輔 (C)ORICON NewS inc.
  • 『流し屋 鉄平』上映舞台あいさつに出席した榊いずみ (C)ORICON NewS inc.
  • 『流し屋 鉄平』上映舞台あいさつに出席した加藤慶祐 (C)ORICON NewS inc.
  • 『流し屋 鉄平』上映舞台あいさつに出席した今野鮎莉 (C)ORICON NewS inc.
  • 『流し屋 鉄平』上映舞台あいさつでミニライブを行った榊いずみ(右) (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス