• ホーム
  • 芸能
  • 住吉美紀、茂木健一郎氏と揉めた過去明かす「一方的にお説教」

住吉美紀、茂木健一郎氏と揉めた過去明かす「一方的にお説教」

 2011年3月末にNHKを退社したフリーアナウンサー・住吉美紀が21日、都内で行われた海外ドラマ『ブラックリスト シーズン2』ジャパンプレミアの司会を務めた。お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部坂上忍光宗薫が登壇した。

【写真】その他の写真を見る


 イベントには作品タイトルにかけ、「自分のブラックリスト」についてトークを展開。住吉は、出席したダチョウ倶楽部の寺門ジモンから「絡みづらい人は?」と聞かれると、「最近思い出せない…」と話すも、「でも、(脳科学者)茂木健一郎さんとは、かなり揉めましたよ。私が一方的にお説教したりとか…」と暴露した。

 坂上は自身のブラックリストについて、「楽屋あいさつをNGにしている方が2人いる」と言うと「(鈴木)奈々と、ももちちゃん(嗣永桃子)。『来ないでいいから』って言っている」と告白。「ももちちゃんは、紙芝居みたいなのを持ってくる。あれを見せられると仕事の気力を失うから」と苦笑いで明かした。



関連写真

  • 茂木健一郎氏と揉めた過去を明かした住吉美紀アナウンサー
  • 海外ドラマ『ブラックリスト シーズン2』ジャパンプレミアで司会を務めた住吉美紀アナ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス