• ホーム
  • 映画
  • 大島優子、6年ぶり映画主演 ロマンスカーのアテンダント姿公開

大島優子、6年ぶり映画主演 ロマンスカーのアテンダント姿公開

 女優の大島優子が、2015年秋公開の映画『ロマンス』で6年ぶりに映画主演を務めることが15日、わかった。脚本・監督は映画『百万円と苦虫女』のタナダユキ氏が務める。

 大島は、昨年出演した映画『紙の月』での演技が評価され、14日に発表された『第38回日本アカデミー賞』では優秀助演女優賞を受賞。AKB48卒業後初の主演作は、タナダ監督にとって7年ぶりのオリジナル脚本となる。

 同作は、小田急電鉄新宿駅を起点に箱根へと向かうロマンスカーで出会った男女の珍道中を描いたロードムービー。大島はロマンスカーで車内販売を行うアテンダント・北條鉢子を演じ、ひょんなことから鉢子が出会う“怪しい映画プロデューサー”役で大倉孝二が出演するほか、野嵜好美、窪田正孝らが脇を固める。

 撮影は昨年11月に終えており、「こんな穏やかな気持ちで撮影を終えられた作品は初めてでした。それは、タナダ監督、スタッフの方を信じていたからだと思います。撮影を終えた今でも鉢子を愛おしく感じています。皆さんにも“なぜだか愛おしい”と思ってもらえる映画になればうれしいです」と力を込める。

 もともとタナダ監督の作品が好きだったこともあり「脚本から見えるタナダワールドに引き込まれました。絶対に面白いものにしたい! と強く思いました」と話し、「主演ということで不安な気持ちになったのですが、監督がタナダさんと聞き、一気に喜びに変わり、楽しみな気持ちが日増しに大きくなりました」と充実感をにじませている。 



関連写真

  • 『ロマンス』で6年ぶりに映画主演を務める大島優子
  • ロマンスカーで車内販売を行うアテンダント・北條鉢子を演じる

オリコントピックス