• ホーム
  • 映画
  • 細田守監督、来夏7・11に3年ぶり新作公開 渋谷が舞台の「修行モノ」

細田守監督、来夏7・11に3年ぶり新作公開 渋谷が舞台の「修行モノ」

 劇場アニメ『時をかける少女』(2006年)、『サマーウォーズ』(2009年)で国内外から高い評価を得た細田守監督の最新作『バケモノの子』が、2015年7月11日に公開されることが11日、わかった。自身のアニメーション映画製作会社「スタジオ地図」の第1回企画・制作作品『おおかみこどもの雨と雪』(2012年)以来、3年ぶり。都内で行われた記者会見に出席した細田監督は「内容は、親と離れ離れになった少年が、バケモノに弟子入りする“修行モノ”です。王道でありながら新鮮な内容になる」と自信をにじませた。

【写真】その他の写真を見る


 人間界【渋谷】とバケモノ界【渋天街】。交わるはずのない2つの世界に生きる、ひとりぼっちの少年とひとりぼっちのバケモノ。ある日、少年はバケモノの世界に迷い込み、バケモノ・熊徹(くまてつ)の弟子となり、九太(きゅうた)という名前を授けられる。

 作品の舞台は渋谷だという細田監督。その理由について「冒険って慣れ親しんだ街のなかにワクワクしたもの潜んでいるんだと思った」と説明し、さらに「渋谷が舞台になっているアニメーションは、案外少ない。有名な場所でありながら、映画の舞台として新鮮な場所」と話した。

 これまでに母親と子ども、親戚などさまざまな関係を描いてきたが、今作のテーマは「父と子…になるのかな?」とコメント。注目される声優については「キャスティングはこれから。キャラクターはおじさんが多いので、どうしようか考え中」と明かしていた。

 細田監督は、自身で原作・脚本も担当し、2015年6月に完成予定。既にフランスでの劇場公開が決定しており、フランスの大手映画会社GAUMONT(ゴーモン)が、アジアを除くインタナショナルセールスを行っていく。

 記者会見には、製作に携わる日本テレビの奥田誠治ゼネラル・プロデューサー、同社映画事業部長の門屋大輔氏、スタジオ地図の斎藤優一郎プロデューサーが出席した。



関連写真

  • 細田守監督3年ぶりの最新作『バケモノの子』
  • 記者会見に出席した細田守監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 細田守監督3年ぶりの最新作『バケモノの子』
  • 細田守監督3年ぶりの最新作『バケモノの子』

オリコントピックス