アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 松本幸四郎、休養中の今井翼を心配 ドラマでは「役になりきっていた」

松本幸四郎、休養中の今井翼を心配 ドラマでは「役になりきっていた」

 歌舞伎俳優の松本幸四郎が26日、東京・渋谷のNHKで主演ドラマ『ナイフの行方』(12月22・23日放送、後10:00 総合)の試写会(前編)後に会見した。同ドラマでは、体調不良で休養している今井翼と共演。「心配ですね」と案じながら、「撮っていくうちに芝居が変わっていって。いろいろな意味で吸収していたと思います」と共演の手応えを語った。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、山田太一氏の脚本で、若いころに正義だと信じた行動が不可解で残酷な悲劇を招いてしまった十字架を背負う老人と、街なかでナイフを振り回していた青年が、同居生活を始める物語。

 山田氏は「誰彼かまわず刺そうとした青年をなんとか救おうと思っても、ありきたりの叱咤や励ましは使えません。青年がたちまちに口にする反省も信じられません。人間そんなに簡単ではないと思ってしまう。このドラマは人間のわからなさ、始末のおえなさにおびえながら、救いを見つけていく物語です」。

 孤独な老人を松本が、自暴自棄になってナイフを手にする青年を今井が演じる。松本は「普段の彼(今井)は非常に好青年。そんな彼が理不尽で暴力的な役をやる、矛盾しているようで、どんどん役になりきっていきました。役者の芸や芝居というのは、仲良くなって、腹を割って話ができるようになった役者同士の方が、本当に憎しみ合える。それがドラマなんです。僕は彼とそういう関係になれてよかったと思っています」と振り返り、「翼くんも人間的にも役者としても何かを感じてくれたんじゃないか」と今後の活躍に期待を寄せていた。



関連写真

  • NHKの主演ドラマ『ナイフの行方』の会見に出席した松本幸四郎 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)脚本の山田太一氏、松本幸四郎 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKの主演ドラマ『ナイフの行方』の会見に出席した脚本の山田太一氏

オリコントピックス