• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 医療過疎地を救う“救急ヘリ”の実話をドラマ化

医療過疎地を救う“救急ヘリ”の実話をドラマ化

 俳優の永島敏行川上麻衣子が13日、東京・渋谷のNHKでドキュメンタリードラマ『ヤンバルクイナはいつか飛ぶ』(12月7日、後10:00 BSプレミアム)の試写会後に会見した。“医療過疎”が深刻化していた沖縄県本島北部地域で、救急ヘリ事業を実現させた名護市の拠点病院「北部地区医師会病院」の副院長で医師の小濱正博氏の実話を物語として描く。

【写真】その他の写真を見る


 道路事情などから車で2時間近くかかってしまう現場にも、救急ヘリならわずか15分で到着でき、命を救うことができる。2007年、小濱医師が主導する救急ヘリチーム「MESH(メッシュ)」が誕生した。ところが、資金難などにより、救急ヘリの有用性を発揮しながらも活動休止に追い込まれる。

 こうした逆境に、小濱医師はMESHをNPO法人として独立させ、自ら運営資金を集めるという発想の転換と行動力で立ち向かい、「救える命は救う」という信念を貫いた。番組では、本人への取材映像を交えながら、行政や地域住民を少しずつ動かしながら医療を変えるために奔走した小濱医師とMESHの活動を紹介する。

 ドラマパートで小濱医師を演じた永島は「(10月に日本列島を直撃した)台風18号と台風19号の間の5日間に、奇跡的に撮りきった作品。(台風接近で)横風が強く、ヘリに乗るのにビビりましたが、いい緊迫感が出せたかな」と手応えを語った。

 自身も俳優業の傍ら、農林水産物の生産者と消費者の架け橋となる活動も精力的に行っていることから、「出る杭は打たれても出て行くんだな。人のため、地域のためを思って信念を貫いた小濱医師たちの活動に、勇気づけられた思いがします」と、医療だけでなくほかの職種にも通じるメッセージが込められていると、熱弁した。

 川上は小濱医師の妻役とナレーションを担当しており、「いままでのドラマとは違った感じで参加できた」と話していた。

関連写真

  • 川上麻衣子、永島敏行 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKドキュメンタリードラマ『ヤンバルクイナはいつか飛ぶ』会見に出席した川上麻衣子、永島敏行 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索