アニメ&ゲーム カテゴリ

バンプ、初舞台あいさつに緊張「手汗がすごいっす…」

 ロックバンド・BUMP OF CHICKENが30日、都内で行われた映画『寄生獣』(11月29日公開)のワールドプレミア舞台あいさつに出席。同作の主題歌「パレード」を歌うバンプはこの日、舞台あいさつを初体験し直井由文は「このような舞台に立たせていただけて光栄です」と感無量。一方で、藤原基央は「手汗がすごいっす…」と緊張しきりだった。

 かねてより、同映画の原作ファンだったというバンプのメンバー。藤原は主題歌のオファーを受けて「すごいびっくりしたけど、原作も10代のころから語り合った作品だったし、すごくうれしかったです」と感激した様子。だが、オファーが急だったことを明かし「時間が足りるのかなって…」と当時の不安な気持ちを吐露していた。

 バンプの大ファンを公言している山崎貴監督は「いろんな交渉事を抱えてギリギリだった」と無理を承知で熱烈ラブコール。完成した楽曲が会場に流れると「よくもあの時間でここまでのかっこいい曲を作ってくれた」とメンバーを称えていた。

 同作は、月刊漫画雑誌「月刊アフタヌーン」(講談社)で1990年から95年にかけて連載された人気作を実写映画化。人間を捕食する「パラサイト(寄生獣)」と呼ばれる生物に脳を支配された人間たちが、別の人間を食べるというストーリーと同時に、地球上での人間の存在価値を問う深遠なテーマを描く。

 舞台あいさつにはそのほか、染谷将太深津絵里橋本愛東出昌大、劇中に登場する寄生獣・ミギーが出席した。

関連写真

  • 映画『寄生獣』の主題歌を担当するBUMP OF CHICKEN(左から)直井由文(B)、藤原基央(Vo&G)、升秀夫(Dr)、増川弘明(G) (C)ORICON NewS inc.
  • (前列から)東出昌大、橋本愛、染谷将太、深津絵里、山崎貴監督、(後列左から)BUMP OF CHICKENの直井由文、藤原基央、升秀夫、増川弘明 (C)ORICON NewS inc.
  • 新アー写も公開

オリコントピックス

 を検索