アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『ジャニーズ・ワールド』3度目の上演 Sexy Zone勝利「進化し続ける舞台をみせたい」

『ジャニーズ・ワールド』3度目の上演 Sexy Zone勝利「進化し続ける舞台をみせたい」

 ジャニー喜多川氏が作・構成・演出を手がけるエンタテイメント・ショー『2015新春 ジャニーズ・ワールド』の製作発表会が29日、都内で行われ出演者のSexy Zone佐藤勝利(17)、中島健人(20)ら15人が参加した。今年で3年目を迎える同公演に佐藤は「進化した舞台ではなく進化し続ける舞台をみせたい」と意気込み、中島も「来年は未年なのでファンの人の『ひメェ〜』をいただければ」とユーモアたっぷりに呼びかけた。

 会見には、ABC-Zの橋本良亮(21)、戸塚祥太(27)、河合郁人(27)、五関晃一(29)、塚田僚一(27)のほかに、平野紫耀(17)、永瀬廉(15)、高橋海人(15)、ジェシー(18)、マリウス葉(14)、岩橋玄樹(17)、神宮寺勇太(16)が登壇。また、特別出演する少年隊の錦織一清(49)も出席した。

 同舞台は歌、ダンス、フライング、マジック、アクロバット、綱渡り、空中ブランコ、本水、殺陣などジャニーズの真骨頂といえるエンタテイメントがてんこ盛り。舞台責任者としての進行役も務める錦織は「言われたことは、なんでもするつもりで頑張ります」と宣言するもフライングには「それってまさに吊るし上げじゃないの?」と弱気。塚田がフライングのアドバイスを買って出るも錦織は「自分の力で飛べるように頑張ります」とやんわり拒否し、笑わせていた。

 会見ではジェシーとマリウスが英語やドイツ語であいさつ。流ちょうなしゃべりに「なんて言ったの?」「すごいコンビみたい」と司会そっちのけでツッコミまくる河合に、錦織は「ちょっと待ってください! 質疑応答っていうのはおしゃべりじゃないんだからね!」と立ち上がってダメ出し。その後も2015年のキャッチフレーズに「河合をだまらせる男になる」と掲げるなど、“兄貴分”として出演者をまとめていた。

 来年1月1日から東京・帝国劇場に上演。



オリコントピックス