BOΦWYのベーシスト・松井常松が、5年ぶりのソロアルバム『Reverie(レヴェリー)』を発売することが明らかになった。1987年にBOΦWYが東京・渋谷公会堂で解散発表をし、90年に松井が同所でソロライブを行った12月24日、古巣ビクターからリリースする。 『Reverie』とは、目覚めている時の幻想、夢想、幻想曲などの意味。ソロ活動25周年を迎え、原点に回帰した今作では、インストゥルメンタルを主体としつつ、全篇自身のプログラムによる幻想的なサウンドを展開する。

この記事の画像

  • 12月24日に5年ぶりのソロアルバムを発売する松井常松
  • 5年ぶりのソロアルバム『Reverie(レヴェリー)』

タグ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索