• ホーム
  • 芸能
  • 【動画】宮本亜門『ウィズ』再演にNMB梅田彩佳&AKB田野優花が抜てき

【動画】宮本亜門『ウィズ』再演にNMB梅田彩佳&AKB田野優花が抜てき

 演出家・宮本亜門が手がけるミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』のAKB48グループ・メンバーオーディションが21日、東京・ブルーシアターで開催され、SNH48以外全グループのメンバーの希望者108人から、主人公のドロシー役にNMB48梅田彩佳、AKB48の田野優花が決定した。

【写真】発表の瞬間…涙を流して喜んだ梅田彩佳


 同ミュージカルは2年ぶりの再演となり、前回は卒業生・増田有華がドロシー役に抜てき。前回のオーディションでも最終審査まで残ったものの涙を飲んだ経験を持つ梅田は、名前を呼ばれた瞬間に号泣。「2年前に見れなかった景色が見れてうれしい。ファンの皆さんが一番うれしいと思う。ドロシーとして皆さんと会えるのがすごく楽しみ」と声を詰まらせた。

 さらに今回は「全員上達しちゃってる、僕が辛い」という宮本氏が苦渋の決断として、もう一人のドロシーとして田野の名前を呼び、選ばれた田野も口元を手で抑え涙を流した。「一人だと思ったので梅田さんと言われた時、すごく悔しくて。もう一人と言われて私でありますようにと願っていて、本当にうれしいです」と感極まった。ダブルキャストという結果に梅田は「2人で違うカラーを出して切磋琢磨していきたい」と早くもライバル心を燃やしながら意気込んだ。

 宮本氏は2人の起用理由について「まさかですよ。自分で自分をいい加減にしろって感じ」と苦笑しながら「1人にしなきゃいけないとはわかっていたけど、2人が落ちる理由がない。全く違うタイプです」と説明。まず梅田については「前回(2年前)から完成度をどんどん上げてきて、ここまでいくかと。磨いて磨いてすごいドロシーを作りたいという気持ち」と感嘆の声を漏らした。一方の田野には「今始まったばかりだけど声がピッタリ。ダンスはピカイチなので、このダンスから広がって演技や歌がどこまでいけるか」と期待を込めた。「明日から毎日、本番初日までに最高のものを作るために頑張りましょう」と激励した。

 今回の最終審査では、AKB48から田野優花、横山由依岡田奈々、NMB48から梅田彩佳、SKE48から高柳明音JKT48から仲川遥香の6人が参加。劇中曲「Brand New Day」によるダンス審査、「HOME」による歌唱審査、セリフによる演技審査が実施され、宮本氏が客席から見守る中、6人による熱戦が繰り広げられた。

 なお、『ウィズ〜オズの魔法使い〜』は来年3月8日、東京国際フォーラム・ホールCを皮切りに全国4ヶ所で上演される。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 宮本亜門ミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』の主演に抜てきされた田野優花(左)&梅田彩佳(右) (C)ORICON NewS inc.
  • 歓喜の涙を流す梅田彩佳 (C)ORICON NewS inc.
  • 主演に抜てきされた田野優花 (C)ORICON NewS inc.
  • 主演に抜てきされたNMB48・梅田彩佳=宮本亜門ミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』最終審査 (C)ORICON NewS inc.
  • 主演に抜てきされた田野優花=宮本亜門ミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』最終審査 (C)ORICON NewS inc.
  • 宮本亜門ミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』の主演に抜てきされた田野優花(左)&梅田彩佳(右) (C)ORICON NewS inc.
  • 宮本亜門ミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』の主演に抜てきされた梅田彩佳 (C)ORICON NewS inc.
  • 宮本亜門ミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』の主演に抜てきされた田野優花 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス