ドラマ&映画 カテゴリ

たんぽぽ川村、ドラマ単独初主演「正直不安…」 鈴木砂羽の初監督作品

 お笑いコンビ・たんぽぽ川村エミコが、CS放送女性チャンネル♪LaLa TV開局15周年記念特別ドラマ『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』(11月4日スタート、毎週火曜 前0:00)に“女優”として単独初主演を務めることが14日、わかった。また、同作は女優の鈴木砂羽が監督に初挑戦しており、二人の女優の“初”がそろった作品となる。

 今夏に放送された壇蜜主演のドラマ『アラサーちゃん』の“非モテちゃん”役など、女優としていくつかの作品にしてきた川村だが、これまで役名のある役を演じたことがなく、本作が「初の主演作」にして、記念すべき「初の役名のあるキャスティング」となる。

 収録を終えた川村は「普段あまりしゃべらないのですが、今回は(劇中で)普段の1週間分くらいの話したんじゃないかと思っています」と撮影を回顧。監督であり女優でもある鈴木からも助言されたといい、「正直どこまでついていけたかは、不安ですが…今度こっそり聞いてみようと思います(笑)」と心境を明かしている。

一方、監督の鈴木は、何度も同じ長セリフに葛藤する姿を見て川村の根性とガッツを感じたといい、演出をつけていく中で「(彼女の)120%のスキルを引き出した!」と満足げに語った。

 本作は作詞家・コラムニストのジェーン・スー氏の人気エッセイ本を原作に、結婚“できない”“しない”女性の姿を描いたドラマ。川村は12月23日に出演予定で、そのほかの放送回では、市川実和子、小島聖、酒井若菜、鈴木、谷村美月、平山あや、渡辺真起子らがそれぞれ主演を務める。

関連写真

  • 鈴木砂羽(左)監督作品で女優デビューを飾るたんぽぽの川村エミコ(C)女性チャンネル♪LaLa TV
  • 監督業に初挑戦する鈴木砂羽(C)女性チャンネル♪LaLa TV

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索