• ホーム
  • 映画
  • 関ジャニ・丸山『地獄先生ぬ〜べ〜』初回は13.3%発進

関ジャニ・丸山『地獄先生ぬ〜べ〜』初回は13.3%発進

 関ジャニ∞丸山隆平主演・日本テレビ系連続ドラマ『地獄先生ぬ〜べ〜』(毎週土曜 後9:00)の初回が11日放送され、平均視聴率13.3%、瞬間最高視聴16.4%(後10:01)だったことが14日、わかった。初回は15分拡大。視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区。

【写真】その他の写真を見る


また、テレビ新潟では20.3%、静岡第一テレビでは19.2%、中京テレビでが18.4%と、20%を超える高視聴率を記録した地域もみられた。

 同作は90年代に『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載された人気漫画『地獄先生ぬ〜べ〜』(原作・真倉翔/作画・岡野剛)を初めて実写化。霊能力教師・ぬ〜べ〜が、左手に宿った鬼の力、霊能力を駆使して、妖怪や悪霊に憑りつかれた教え子を命懸けで守る姿を描く。

 今回のドラマでは、ぬ〜べ〜の左手に封印された覇鬼演じる坂上忍の特殊メイクや、ぬ〜べ〜が憧れる同僚の化学教師・高橋律子役の桐谷美玲、表の顔は学園の女子を虜にする家庭科教師でありながら実は齢400歳の妖狐・玉藻京介役の速水もこみち、ぬ〜べ〜を愛する雪女のゆきめ役の知英(ジヨン)らキャスティングなど注目を集めていた。

 第1話では不吉な予感に導かれるように、童守高校の新任教師として赴任してきたぬ〜べ〜だったが空回りばかり。そんななか、担任となった2年3組で女子生徒の“ノロちゃん”こと法子(水谷果穂)が、自分らしさが何かを思い悩むあまり、自分を見失ってしまっていた…というストーリー。クライマックスでは生徒を守ろうと奮闘するぬ〜べ〜と妖怪の熱いバトルも見どころとなった。



関連写真

  • 『地獄先生ぬ〜べ〜』第1話場面カット(左から)桐谷美玲、速水もこみち (C)日本テレビ
  • 元KARAの知英(ジヨン) (C)日本テレビ
  • 『地獄先生ぬ〜べ〜』第1話場面カット(写真は桐谷美玲) (C)日本テレビ
  • 『地獄先生ぬ〜べ〜』第1話場面カット(写真は速水もこみち) (C)日本テレビ
  • 『地獄先生ぬ〜べ〜』番組ロゴ (C)日本テレビ

オリコントピックス