アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 永作博美&石田ゆり子、入れ替わり役に混乱「難しかった」

永作博美&石田ゆり子、入れ替わり役に混乱「難しかった」

 NHKドラマ『さよなら私』(14日スタート、毎週火曜 後10:00、連続9回)の試写会が6日、同局で行われ主演を務める女優の永作博美石田ゆり子らが出席。同作で心が入れ替わる親友役を演じている2人は「難しかった」と口をそろえて苦戦したことを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、連続テレビ小説『おひさま』(同局)や『最後から二番目の恋』『続・最後〜』(フジテレビ系)などを手がけた岡田惠和氏が脚本を担当。少女の頃、永遠の友情を誓い合った星野友美(永作)と早川薫(石田)が20数年後に再会するが、ある疑惑の真相を突き止めたときに心が入れ替わってしまう。

 誰もがうらやむ家庭の主婦ながら、映画のプロデューサーの薫と入れ替わってしまう友美を演じる永作は「演じていても非常に混乱して、自分が誰なのか。とにかく難しかった」と苦戦した様子。それでも、「途中からは自分なんだけれど相手のことをしゃべっていることがほとんどだったので、いつもより深いところまで脚本を読むことが出来て、いい経験をさせていただいた」と充実感をにじませた。

 一方、独身を謳歌しているように振る舞う薫を演じる石田も「難しかった。周りの方も私たちを何て呼んでいいのかわからなくて混乱していた」と苦笑い。「入れ替わるのはリアリティがないかもしれないけれど、俯瞰で自分を見ているようで、演じていてとても楽しかった」と振り返っていた。

 そのほか、友美の夫役で薫と浮気をする星野洋介を演じる藤木直人、制作統括の菓子浩氏が出席した。



関連写真

  • 入れ替わる役に苦戦したことを明かした(左から)永作博美、石田ゆり子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)石田ゆり子、永作博美、藤木直人 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKドラマ『さよなら私』の試写会に出席した永作博美 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKドラマ『さよなら私』の試写会に出席した石田ゆり子 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKドラマ『さよなら私』の試写会に出席した藤木直人 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKドラマ『さよなら私』の試写会に出席した岡田惠和氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス