ドラマ&映画 カテゴリ

“滑舌悪い芸人”三四郎・小宮が声優初挑戦「どうかしてる」

 お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信(31)が30日、都内で行われたハリウッド映画『サボタージュ』(11月7日)日本語吹き替え版公開アフレコ収録に参加した。テレビ東京系『ゴッドタン』では「若手芸人が選ぶ天才芸人1位」にも選ばれ、“滑舌が悪い芸人”として注目される小宮だが、声優初挑戦に「絶望的な滑舌の僕にオファーがきたので、プロデューサーの人、どうかしていると思った」とまさかの起用に驚いた。

 米俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー主演の同作はDEA(麻薬取締局)の特殊部隊、最強のチーム9人が1人ずつ何者かに殺されていくというサスペンス・アクション。チームの中で一番早く殺されそうな男「パイロ」を演じた小宮は「一番早く死ぬから大丈夫だと思ったら結構セリフがあった」と冷や汗をかいた。

 練習して臨んだものの「普通にしゃべるのもままならないのにセリフを決まった秒数に入れなきゃいけないのが難しい」と苦戦した様子で、「また(声優を)やってみたいけど、オファーがもうない」と自虐。それでも、ニヤリと笑みを浮かべた小宮は「これを観て(オファーを)していただければ」と前向きにアピールしていた。

 今回、アフレコには初対面となる元格闘家の高田延彦(52)も参加。小宮は「怖いですよ、見ないでください…」と萎縮しつつも、「昔から格闘技が好きで観ていたので緊張して口がうまく回りません」と言い訳。これに「それはいつもだろ」と高田が突っ込むなど、すっかり打ち解けていた。

関連写真

  • “滑舌が悪い芸人”の三四郎・小宮浩信 (C)ORICON NewS inc.
  • 慣れないアフレコに大苦戦の小宮 (C)ORICON NewS inc.
  • 高田延彦 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索