アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 仲間由紀恵、『相棒』シリーズ初参戦&水谷豊と初共演「光栄」

仲間由紀恵、『相棒』シリーズ初参戦&水谷豊と初共演「光栄」

 女優の仲間由紀恵が、10月15日スタートのテレビ朝日系人気ドラマ『相棒season13』の初回2時間スペシャル「ファントム・アサシン」(後8:00〜 通常は毎週水曜 後9:00)にゲスト出演、主演の水谷豊と初共演することが29日、わかった。「長い歴史のある人気シリーズ『相棒』に、ゲスト出演のお話をいただきき、大変光栄に思っております」とオファーに応じた仲間が演じるのは、国家の機密を握る謎多き女。「面白い作品になるよう撮影を頑張りました」と手応えを語っている。

 俳優の田中哲司との結婚、27日まで放送された連続テレビ小説『花子とアン』(NHK)での好演も記憶に新しいところ。しかも、10月期に主演ドラマ『SAKURA〜事件を聞く女〜』(TBS系)が控える身で、国民的人気ドラマシリーズの初回ゲストとは勢いを感じさせる。

 今作で仲間が演じるのは、警察庁から日本政府の情報機関「内閣情報調査室」へ出向中の社美彌子(やしろ・みやこ)。水谷演じる特命係の杉下右京、成宮寛貴演じる甲斐享が追う連続殺人にからむ、極秘ファイルの持ち主という役どころだ。犯人検挙が目的の右京たちに対し、機密の死守が最優先される情報機関に属する美彌子。両者が歩む道は協力か、それとも対立か。どんな化学変化が起きるのか。

 水谷は「第1話の重要な役柄なのですが、仲間さんに演じていただいて本当に良かったです。仲間さんの声って心地が良いんです。長台詞を聞いていると気持よくて眠ってしまいそうでした」とユーモアを交えて合格点をつけた。

 『TRICK』シリーズや『ごくせん』などで仲間と共演経験がある成宮は「俳優として歩み始めた時に共演させていただき、影響を受け、自分にとってかけがえのない先輩です。初めての共演は先生と生徒という立場でしたが、久しぶりにお会いしてもどこかその距離感で接し、お芝居出来た時間が幸せでした」と感慨深げ。仲間も「久しぶりにお会いしたら、とても頼もしく男らしくなられていたので大変驚きました」と目を細めていた。



オリコントピックス