• ホーム
  • 映画
  • 【動画】河西智美「コマネチがトラウマ」 消したい記憶明かす

【動画】河西智美「コマネチがトラウマ」 消したい記憶明かす

 元AKB48で歌手の河西智美(22)が24日、都内で行われた映画『記憶探偵と鍵のかかった少女』公開直前イベントに出席した。映画の内容にちなみ司会から「消したい過去の記憶」を問われた河西は「(AKB)現役時代に罰ゲームで“コマネチ”をしなきゃいけなくなって」と切り出し「街なかに一人で行ってスタッフさんもすごい遠くにいるなかで“回転コマネチ”っていうのをやったんです…」と照れながら明かした。

【写真】その他の写真を見る


 当時、高校生だったという河西は「思春期じゃないですか。コマネチは相当恥ずかしかった。コマネチしながら泣きながら回転するっていう。今もファンの皆さんに『やってください』と言われて…トラウマです」と苦笑い。「今もできないですね〜」と困り顔を浮かべた。

 アイドル時代にはそんな無茶ぶりにも応えていた河西だが、秋元康プロデューサーに「(反発することも)何回かありました」と告白。「ライブでスクール水着を着ろって言われて『嫌です』って言いました」と振り返り、「なるべく『わかりました』っていうようにはしてましたけど若い頃は『嫌です』『無理です』『やりたくない』ってわがまま言ってました」と懐かしんだ。

 イベントでは、サッカー日本代表の本田圭佑選手のものまねでおなじみの、じゅんいちダビッドソンも登壇。河西にちなんだ得意の“無回転”なぞかけを披露。会場を静まり返らせるも、河西からは「割りとツボです」と好評価を受けていた。同映画は27日公開。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 消したい記憶を明かした河西智美 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)河西智美、じゅんいちダビッドソン (C)ORICON NewS inc.
  • “無回転”なぞかけを披露したじゅんいちダビッドソン(右)と河西智美=映画『記憶探偵と鍵のかかった少女』公開直前イベント (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『記憶探偵と鍵のかかった少女』公開直前イベントに出席したじゅんいちダビッドソン

オリコントピックス