アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 片平なぎさ、珍しい母親役に喜び「とても楽しみ!」 石原&松下と共演

片平なぎさ、珍しい母親役に喜び「とても楽しみ!」 石原&松下と共演

 女優の片平なぎさ(55)が10月からスタートするフジテレビ系の新ドラマ『ディア・シスター』(16日スタート、毎週木曜 後10:00)に出演することが18日、わかった。石原さとみ(27)、松下奈緒(29)の凸凹姉妹の母親・深沢七重役で、片平は「これまで余り演じることのなかった母親役。しかも、もう立派に独立している大きな娘たちの母は、初めての経験! とても楽しみ」とハイテンションで喜んでいる。

 自由奔放で天真らんまんな妹・美咲(石原)と真面目で不器用な姉・葉月(松下)、凸凹姉妹が織りなす切ないラブコメディー。ある日、姉妹がひとつ屋根の下で暮らすことをきっかけに、巻き起こる数々の騒動などを通して、“姉妹・兄弟あるある”を盛り込んだストーリーも展開される。

 七重は、葉月が8歳、美咲が5歳のとき、夫を事故で亡くし、女手一つで娘を育て上げる。性格は、「とにかくテンションが高い」(片平)というように、自己中心的で派手好きで、恋愛にも超積極的と破天荒なキャラクター。しかし、忍び寄る老化と孤独の影におののく日々に、年のせいもあり卑屈になってきている。片平は「瞬間湯沸かし器のように突然怒り出したり、泣いたり、笑ったり…。切り替えやテンポ感が難しいところであり、見どころになってくれれば良い」とアピールする。

 石原とは、『Ns'あおい』(2006年1月〜3月放送)以来、8年半ぶりのレギュラー共演となり、松下とは初共演となる片平。「さとみちゃんは、すっかり大人になり、美しくなり、でも愛くるしさは当時のままでかわいい女性」と惚れ込んでおり、「松下さんはテレビで拝見していた通り、穏やかで、礼儀正しく、とてもしっかりとした女性。きっとこれからの3ヶ月、松下さんに頼ってしまうことになるでしょう」とお茶目に笑った。



オリコントピックス