アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 三池崇史監督、ローマ国際映画祭マーベリック賞を日本人初受賞

三池崇史監督、ローマ国際映画祭マーベリック賞を日本人初受賞

 世界的に人気の高い三池崇史監督が、イタリア・ローマで開催される『第9回ローマ国際映画祭』(10月16日〜10月25日)にて特別賞“マーベリック賞”を日本人として初めて受賞することがわかった。また、福士蒼汰が主演する三池監督最新作『神さまの言うとおり』(11月15日公開)が同映画祭“ガラ部門”に正式出品されることも決定した。

 ローマ国際映画祭は、世界3大映画祭のひとつであるベネチア映画祭に対抗して2006年よりスタート。世界的な映画スターが参加し、インターナショナル色が豊かであることに加え、一般市民が審査を行う市民参加型の映画祭であることが特色。昨年は、『セブンスコード』の黒沢清監督が最優秀監督賞を受賞した。三池崇史監督は『悪の教典』『土竜の唄』に続き、今回が3度目の出品になる。

 三池監督が受賞したマーベリック賞とは、現代の映画界で最も独創的で多作を生み出す監督に贈られる特別賞。功労賞(製作)、俳優賞(男女)、新人監督賞など、コンペティションとは異なる特別賞のひとつになる。

 受賞の一報を受けた三池監督は「タフなローマ映画祭に敬意を表します。しかし、褒められることに慣れていない私のお尻はムズムズです。ローマのみなさんと『神さまの言うとおり』を一緒に楽しめる日を楽しみにしています」とコメント。

 同映画祭ディレクターのマルコ・ミューラー氏は、「三池崇史監督は、メジャーな映画でも、小規模な映画でも、様々なジャンルの映画をたくさん撮り続けている。それでいて1本もありきたりの映画を撮っていない。そして、いつもどんな映画なのか予想がつかない。どんな映画を作ったのか?または、これから作るのか?いつも興味を抱かせてくれる稀有な監督です」と受賞理由を語っている。

 『神さまの言うとおり』が出品されるガラ部門は、華やかな作品が集う映画祭目玉のコンペティション部門。今年から審査は観客が行う“観客賞”になり、映画祭最終日(現地時間10月25日)に受賞作品が決定する。主演の福士とヒロインの山崎紘菜も三池監督とともに映画祭に参加予定。



関連写真

  • 撮影現場の三池崇史監督
  • 福士蒼汰&山崎紘菜の“映画祭出品決定お祝い写真”ふたりとも海外映画祭への初進出となる
  • 初公開!ローマ国際映画祭用の海外版ポスター

オリコントピックス