• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • スポーツ
  • 【オリコン】プロレス誌『ゴング』復活号がスポーツ部門TOP3入り

【オリコン】プロレス誌『ゴング』復活号がスポーツ部門TOP3入り

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 2007年3月に休刊し、約7年半ぶりに復活したプロレス誌『ゴング』の新装刊『ゴング 0号』(徳間書店)が9/22付オリコン週間“本”ランキングBOOK(総合)部門で、週間0.8万部を売り上げ、17位に初登場。スポーツ関連本部門では3位にランクインした。

 同書の週間売上は、『Gスピリッツ Vol.32』(辰巳出版)の0.5万部を上回り、今年発売のプロレス関連書籍としては最高を記録。今年の累計売上部数でも、現在1位の『棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか』(飛鳥新書)の0.9万部に次ぐ2位に発売初週で付けた。

 『週刊ゴング』元編集長の金沢克彦氏が編集長を務め、表紙には中邑真輔(新日本プロレス)を起用。過去のプロレスブームの立役者である長州力、前田日明のインタビューを掲載するなど新旧のファンが楽しめる内容となっている。

 なお、BOOK(総合)部門は『妖怪ウォッチ2 元祖/本家 オフィシャル攻略ガイド』(小学館)が発売開始以来4週連続で首位をキープ。コミック部門は『ONE PIECE 75』(集英社)が2週連続で首位となった。文庫部門は『魔法科高校の劣等生 14 古都内乱編 上』(KADOKAWA)が、シリーズ過去最高の週間売上12.7万部で首位に初登場した。

■調査協力店
旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店(くまざわ書店/いけだ書店/ACADEMIA)、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンネットショッピング、TSUTAYA、戸田書店、明屋書店、フタバ図書、ブックスタマ、丸善、漫画全巻ドットコム、未来屋書店(未来屋書店/ミライア/ブックバーン/LE MIRAI/MIRAIYA SHOTEN)、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、楽天ブックス、LIBRO、WonderGOO ほか全国書店2003店舗(WEB通販含む)※2014年9月22日付現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

オリコントピックス

 を検索