アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 城島茂、白ハチマキに秘めた絆「明雄さん、ありがとう!」

城島茂、白ハチマキに秘めた絆「明雄さん、ありがとう!」

 日本テレビ系『24時間テレビ37 愛は地球を救う』のチャリティーランナーを務めたTOKIOのリーダー城島茂(43)が31日、放送時間内の午後8時48分に東京・日本武道館でゴールテープを切り、ジャニーズ最長となる101キロを完走した。真夏の過酷なマラソンにもかかわらず、帽子をかぶらずに白いタオルをハチマキ代わりにした城島は、今年6月に他界した三瓶明雄さん(享年84)と一緒にゴールを目指していた。

 城島は「武道館に辿り着けたとしても、力を使い果たして感謝の言葉すら上手く伝える事が出来ないかもしれない」と前もって手紙を用意。TOKIOのメンバーやメインパーソナリティーの関ジャニ∞、番組視聴者らへの感謝の気持ちが直筆で綴られていたが、最後に『ザ!鉄腕!DASH!!』の人気コーナー「DASH村」で農作業の指導をしてもらった明雄さんに呼びかけた。「いつも僕らに“まだまだ!”と言いながら、最後まで畑で汗を流していましたね。ゴールできたら、耳を澄ましてみるから、またあの時の言葉を下さい。“リーダー、まだまだ!”と」――。

 番組では、城島が体力を消耗する日射しを避けるための帽子をかぶらず、白いタオルを巻いているのは「明雄さんと“一緒に”走るため」と紹介。「タオルのハチマキをしたかった。このハチマキは明雄さんなんです」。明雄さんのトレードマークを心の支えに、両ひざの痛みと闘いながら走り続けた。

 残り5キロを切って猛スパートをかけ、武道館の扉前まで伴走したTOKIOのメンバーに促されて1人でゴールした城島は「明雄さん、ありがとう!」と天を仰いで叫んだ。耳を澄まして明雄さんの声が聴こえたのか、白い歯を浮かべてにっこり。「このハチマキと一緒にゴールできました」とおでこのタオルを指さし、独りではなかったことをアピールすると「40代もまだまだ捨てたもんじゃないと、世の中のお父さん世代にわかってもらえたらうれしいですね」と清々しい笑顔を見せた。



オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019