アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 昼ドラ、今後は“脱ドロドロ”を礎に プロデューサー明かす

昼ドラ、今後は“脱ドロドロ”を礎に プロデューサー明かす

 女優の浅野ゆう子が主演を務める東海テレビ・フジテレビ系“昼ドラ”『ほっとけない魔女たち』(9月1日スタート、月〜金 後1:30)の制作発表会見が26日、都内で行われた。昼ドラらしい愛憎劇が一切ない同作のテーマは“脱ドロドロ 勧善懲悪の人情喜劇”。東海テレビ・服部宣之プロデューサーは、「今後も昼ドラを続けていくための礎となるドラマを作りたいと思った」と企画意図を明かした。

 東海テレビ制作の昼ドラ放送開始から50年、第206作目となる同作は、浅野演じる夏江(次女)、釈由美子演じる冬美(四女)、松本明子演じる秋代(三女)、室井滋演じる春子(長女)の四姉妹が身近な事件を解決するため力を合わせて活躍する“世直し”ストーリー。夏江がオーナーを務めるイタリアンレストランのシェフ・近藤マモル役を10年ぶりの連続ドラマ出演となるV6三宅健が演じる。

 服部プロデューサーは、「昼ドラといえばドロドロの愛憎劇を得意としてやってきましたが、これから50年もっともっと昼ドラを続けていくためにその礎となるドラマを作りたいと思って企画しました」と説明。

 「四姉妹が身近の放っておけない事件を解決する姿を見て、日々の生活でちょっとでも前向きになってもらえたら、これだけ幸せなことはありません。そして、これがこれから昼ドラを続けていくための制作者のテーマだと思っています。このドラマをきっかけに『昼ドラ変わったね、やっぱり面白いね』って浸透していけばと思います」と熱弁し、「これぞ50年と胸が張れる素敵なドラマなりました」と感極まって涙した。

 主演を務める浅野は、「最初は不倫劇かと期待したけれど、ウイットに富んでいて、ユーモアがあって、昼ドラでこんなことをしていいのかと思うくらいとてつもない作品になった」と自信たっぷり。三宅も「活劇が昼に放送されるのは新しい試みだと思うし、間違いなく主婦層の方の心を掴んでやまないドラマになると思う」と期待をあおっていた。



オリコントピックス