• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 【軍師官兵衛】江口“信長”、爽快に散る! 本能寺の変「オリジナリティ出せた」

【軍師官兵衛】江口“信長”、爽快に散る! 本能寺の変「オリジナリティ出せた」

 NHKで放送中の大河ドラマ『軍師官兵衛』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第28回「本能寺の変」(13日放送)の試写会が4日、東京・渋谷の同局で行われ、主人公・黒田官兵衛役の岡田准一と、織田信長役の江口洋介、羽柴秀吉役の竹中直人、徳川家康役の寺尾聡の“三英傑”が顔をそろえた。

【写真】その他の写真を見る


 天下を揺るがす大事件「本能寺の変」が勃発。その時、備中高松城の水攻めに赴いていた官兵衛は「好機が訪れましたぞ」の名セリフと共に、知略の限りを尽くした一世一代の大勝負に打って出る。

 約1ヶ月前、屋外で本能寺のセットを実際に燃やしながら、信長“最期”のシーンを撮り終えた江口は、「いろんな人がいろんなイメージを持っているとても有名なシーンですが、オリジナリティのある“本能寺の変”になっているんじゃないかと思っています」と、手応えをかみしめた。

 乗馬の練習に始まり、最後の出番のシーンを撮り終えるまで「ちょうど1年でした」と振り返った江口は、「信長は50年、生きたんだという爽快さ出してみようということで、信長の最期の気持ちを自分なりに感じながら演じました。俗にいうグロい演出もあって、今の時代の大河ドラマなんだなぁと楽しませてもらいました」と達成感をにじませた。

 そんな信長の最期のシーンを観て、竹中は「ドキドキして、興奮して、怖くて、かっこよかったですね。これぞ本能寺の変ですね、やったね」と独特の言い回しで絶賛。寺尾も「いちファンとして江口“信長”が非常に魅力的だった」と目を細めた。岡田は「ここから物語は加速して、秀吉様が天下を手中に収めるまで、ドドドッーと進んでいきます。信長様に代わって、家康が出てきますので、これからの官兵衛も楽しみにしていただけたら」と話していた。

 第28回「本能寺の変」の放送直前には、『まだ間に合う!『軍師官兵衛』本能寺直前SP』(13日 後7:30〜8:00)も放送。岡田がゲスト出演し、ドラマの見どころをナビゲートする。司会は落語家の春風亭昇太、有働由美子アナウンサー。

関連写真

  • 大河ドラマ『軍師官兵衛』で織田信長を演じる江口洋介 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)徳川家康役の寺尾聡、江口、羽柴秀吉役の竹中直人 (C)ORICON NewS inc.
  • 徳川家康役の寺尾聡=大河ドラマ『軍師官兵衛』の第28回「本能寺の変」試写会 (C)ORICON NewS inc.
  • 羽柴秀吉役の竹中直人=大河ドラマ『軍師官兵衛』の第28回「本能寺の変」試写会 (C)ORICON NewS inc.
  • 大河ドラマ『軍師官兵衛』で織田信長を演じる江口洋介 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス