• ホーム
  • 映画
  • NHK異色子ども番組のお姉さん・桑子真帆アナ、月イチ東京出張で人気ジワリ

NHK異色子ども番組のお姉さん・桑子真帆アナ、月イチ東京出張で人気ジワリ

 NHK・BSプレミアムで放送中の子ども向け番組『ワラッチャオ!』(毎週日曜 後5:30、再放送:毎週木曜 後6:00)で、ちょっとくせのあるキャラクターたちと一緒に奮闘している「おねえさん」の人気がじわじわと上昇中だ。「おねえさん」の正体は、広島放送局に勤務する桑子真帆アナウンサー(26)。番組収録のために月1回のペースで東京出張を続け、「最初はキャラクターと踊ったりするのも恥ずかしかったのですが、いつの間にか全く平気になっていました」と成長をみせる。

【写真】その他の写真を見る


 同番組の趣旨は、子どもたちをとにかく笑わせること。昨年3月にパイロット版が放送され、同年10月よりレギュラー放送がスタート。今月24日から7月27日まで約1ヶ月にわたって、東京・渋谷のNHKスタジオパークで初の『ワラッチャオ!展』が開催されるまでに存在感を増してきた。

 「おねえさん」は、キャラクターたち(主に毒舌鋭いリスの男の子「ドックン」と猫キャラ「キャサリン」)からもっぱら突っ込まれる役どころ。「おねえさんの時は、子どもたちとの間に壁を作らず、素でいることを心がけています。もっとアドリブを効かせながら反射神経よく切り返せるようになりたいのですが…」と、ほんわかした笑顔のうちに秘める熱い想いをのぞかせる。

 番組では、コントやゲームコーナー、ミニアニメなど、あの手この手で子どもたちの笑いを誘う。「ドジを踏むと笑ってくれたり、想定外のしょうもないことで笑ってくれたり、意外に大人も子どもも笑うツボは共通だったり。最初は探り探りでしたが、大人も子どもも一緒に観て楽しめる番組になってきたと思います。子どもとその親世代だけじゃなく、幅広い層に受け入れてもらえるようにこれからも頑張りたいと思っています」。

 東京外国語大学ではチェコ語を専攻したが、「少ししかしゃべれません(笑)」。もともとアナウンサー志望だったわけでもなく、小学生の頃から国谷裕子キャスター(1993年から『クローズアップ現代』担当)に憧れていたこともあって、「NHKだけ挑戦したら幸いなことに採用してもらいました。アナウンサーになれたのは、運が良かったのと、縁があったのだと思います」。2010年4月に入局後長野放送局に配属され、2013年4月に広島放送局に異動となった。

 今後の目標について聞くと、「アナウンサーとして、関わりを持つ人たちに対して誠実でありたい。真正面から向き合うことを大切にしていきたいと思っています。『ワラッチャオ!』のおねえさんとしては、許される限りおねえさんを続けたい!!」と語った。
「ワラッチャオ!展」の開催中、毎週日曜(7月27日を除く)には、番組キャラクターの3体(ドックン、キャサリン、メタホン)によるキャラクターショー&練り歩きが行われる予定。この機会に、大人も子供も一緒に『ワラッチャオ!』の世界を徹底的に楽しんでみよう。

◆家族みんなで「ワラッチャオ!」×「カリスmama」展
・開催場所:NHKスタジオパーク Cフロア・イベントホール
・開催日程: 6月24日(火)〜7月27日(日)
(午前10:00〜午後6:00※最終入場時間は午後5:30)



関連写真

  • 子ども番組『ワラッチャオ!』のおねえさんに異例の抜てき、桑子真帆アナウンサー (C)ORICON NewS inc.
  • 「出来る限りおねえさんを続けたい」と愛着がわいてきた (C)ORICON NewS inc.
  • キモかわいいキャラクターたち(左から)ジャグリンゴ、オナライダー(CV:山本匠馬)、ドックン(CV:田野アサミ)、キャサリン(CV:山崎バニラ)、ハヤブチャオー(CV:平井善之)、メタホン(CV:谷山知宏)(C)NHK
  • 子ども番組『ワラッチャオ!』のおねえさんに異例の抜てき、桑子真帆アナウンサー (C)ORICON NewS inc.
  • 子ども番組『ワラッチャオ!』のおねえさんに異例の抜てき、桑子真帆アナウンサー (C)ORICON NewS inc.
  • 子ども番組『ワラッチャオ!』のおねえさんに異例の抜てき、桑子真帆アナウンサー (C)ORICON NewS inc.
  • 子ども番組『ワラッチャオ!』のおねえさんに異例の抜てき、桑子真帆アナウンサー (C)ORICON NewS inc.
  • BSプレミアムで放送中『ワラッチャオ!』(毎週日曜 後5:30)(C)NHK
  • BSプレミアムで放送中『ワラッチャオ!』(毎週日曜 後5:30)(C)NHK

オリコントピックス