• ホーム
  • 映画
  • 【動画】アンジー、女優引退説を完全否定「そのつもりはありません」

【動画】アンジー、女優引退説を完全否定「そのつもりはありません」

 米女優アンジェリーナ・ジョリーが24日、都内で主演映画『マレフィセント』(7月5日公開)の記者会見に臨んだ。女優業からの引退報道が浮上する中、アンジーは「女優を引退するつもりはありません」と完全否定。今後については「脚本作り、監督業、人道的活動に注力したいと考えているので、映画に出るのは少なくなると思う。(女優としてのポジションを)作り上げていく段階は終わった。今後はどうしてもやりたいと思った作品を慎重に選んでいきたい」と明かした。

【写真】その他の写真を見る


 アンジーは、女優としての活躍にとどまらず、世界中で行っている慈善活動や乳がん予防・啓蒙のための乳房切除などでも大きな話題を呼ぶハリウッドを代表する女優。演者としてだけではなく、映画製作そのものにも興味と才能を発揮しており、『マレフィセント』でも製作総指揮を手がけている。

 同映画は、ディズニー・アニメーション映画の名作『眠れる森の美女』でオーロラ姫(エル)に呪いをかける邪悪な妖精マレフィセント(アンジー)を主人公に、“禁断の呪い”が生んだ究極の愛を描くダークファンタジー。全米では5月30日に公開され、オープニング3日間で興行収入7000万ドルを売り上げ初登場1位を獲得。アンジーの出演作品の中でもナンバー1のオープニング成績を記録する大ヒットスタートを切った(興収はBox Office調べ)。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 映画『マレフィセント』記者会見に登壇した主演のアンジェリーナ・ジョリー (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)アンジェリーナ・ジョリー、上戸彩、エル・ファニング (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『マレフィセント』記者会見に登壇した主演のアンジェリーナ・ジョリー (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『マレフィセント』記者会見に登壇した(左から)エル・ファニング、アンジェリーナ・ジョリー (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『マレフィセント』記者会見に登壇した(左から)アンジェリーナ・ジョリー、上戸彩、エル・ファニング (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス