大竹しのぶ、ディズニー名曲歌う 映画主題歌初挑戦

 人気ハリウッド女優、アンジェリーナ・ジョリー主演のディズニー映画『マレフィセント』(7月5日公開)の日本語吹替版主題歌「Once Upon a Dream〜いつか夢で〜」を女優・大竹しのぶが歌っていることが10日、わかった。映画主題歌初挑戦の大竹は「大ヒットしている『アナと雪の女王』の主題歌は聴くと『あー、走り出したい!』と思いますが、『Once Upon a Dream』は全然違うイメージ。同じくらい皆さんの心に残る曲になるといいな」と歌に願いを込めた。

 同映画は、ディズニー・アニメ映画の名作『眠れる森の美女』(1959年)のオーロラ姫に呪いをかける邪悪な妖精マレフィセントを主人公に、“禁断の呪い”が生んだ究極の愛を描くダークファンタジー。

 『眠れる森の美女』でオーロラ姫とフィリップ王子がデュエットするロマンティックな恋の歌「ONCE UPON A DREAM」が主題歌として使用されているが、世界で唯一、日本語版のみ新しいオリジナル歌詞が作られた。作品のテーマであるマレフィセントの愛をより明確に表現した新訳歌詞について大竹は「『♪強くなろう 守るため』『♪あなたは私の夢』というところに、大きな大きな“母性”というか、強い“愛”を感じて、歌っていてすごく優しい気持ちになりました」と共感を寄せている。

 大竹の歌手活動は、泉谷しげるのアルバム『昭和の歌よ、ありがとう』(2013年8月発売)に参加して以来で、これまでシングル12枚、アルバム8枚(『昭和の歌よ、ありがとう』は除く)を発表。

 「『眠れる森の美女』が大好きな娘(タレントのIMALU)も、『うそでしょ?』とすごくビックリしていました。うらやましがっていました」と、今回のオファーを快諾したが、「すごく低い音で、子守唄のように優しく歌うというのは、すごく難しかった」とレコーディングを振り返っていた。

Published by Walt Disney Music Company (ASCAP). (C)Renewed. All Rights Reserved.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索