アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • ザブングル・加藤、フジテレビ連ドラ初出演 緊張で「カッチカチ!」

ザブングル・加藤、フジテレビ連ドラ初出演 緊張で「カッチカチ!」

 お笑いコンビ・ザブングル加藤歩が、尾野真千子主演フジテレビ系ドラマ『極悪がんぼ』(毎週月曜 後9:00)の第9話(9日放送)にゲスト出演する。加藤が同局の連続ドラマに出演するのは今回が初めて。その現場が“月9”ドラマと聞いて、「まさか僕なんかにお坊さん役のオファーが来るとは、ドッキリなんじゃないかと思うくらいびっくりでした!」と振り返る。

 同ドラマは、法の裏をかいた手段で、さまざまなトラブルを解決する事件屋を描いた“極悪”エンターテインメント。今回、加藤が演じるのは、葬儀場で“サラリーマン坊主”をしている恵瀬(えせ)役。関西出身の元公務員の小清水経営コンサルタントの所員・抜道琢己(板尾創路)の昔からの知り合いという役どころだ。

 衣装の紫色の袈裟を身にまとい、その表情や佇まいで薫(尾野)、抜道、巻上(宇梶剛士)ら共演者の笑いを誘っていた加藤だったが、内心は「カッチカチ!な緊張でしたね!」と自嘲の笑い。それでも「僕なりにお坊さんになりきろうと必死でやったので、なんとか持ち味はギリギリ出せたかなと思います」と満足げに語っていた。



関連写真

  • ザブングル・加藤がフジテレビ系ドラマ『極悪がんぼ』第9話(6月9日放送)にゲスト出演
  • 「僕の怪しいお坊さんもぜひ見て下さい! 見てくれなきゃ悔しいです!」とアピール

オリコントピックス