ドラマ&映画 カテゴリ

広末涼子、連続殺人の容疑者役で連ドラ主演

 女優の広末涼子が、NHKの連続ドラマ『聖女』(8月19日スタート、毎週火曜 後10:00、連続7回)で、連続殺人の容疑者を演じることがわかった。家庭教師の女子大生と男子高校生が、連続殺人事件の容疑者と弁護士として再会する禁断のラブ・サスペンス。相手役は、映画『ふがいない僕は空を見た』(2012年)や『モザイクジャパン』(WOWOW)などで果敢な活躍をみせる永山絢斗が務める。

 『セカンドバージン』(2010年、脚本:大石静)、『はつ恋』(2012年、脚本:中園ミホ)などのヒット作を生んだNHKの“ドラマ10”枠で、連続テレビ小説『風のハルカ』(2005年10月〜2006年3月)、『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』(2006年、日本テレビ系)などの脚本家・大森美香氏がオリジナル脚本で人間の心の闇と究極の愛を描く。

17歳の夏、家庭教師の女子大生・緒澤まりあは、「君が大学に合格して大人になったら、私を恋人にしてね」といい、そして、突然、僕の前から姿を消した。10年後、弁護士となった僕は、連続殺人事件の容疑者となった彼女と再会する。愛と憎しみの感情に揺れながら、切れかけていた二人の絆が再び結ばれるとき、切なくも狂おしい、愛の物語が始まる。彼女は、悪女なのか? それとも、聖女なのか?

 出演はほかに、蓮佛美沙子青柳翔筒井真理子田畑智子田中要次中田喜子岸部一徳らが決まっている。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索