アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『美味しんぼ』“風評被害助長”を釈明 スピリッツ側「意図ない」「作者の表現尊重」

『美味しんぼ』“風評被害助長”を釈明 スピリッツ側「意図ない」「作者の表現尊重」

 小学館のビックコミックスピリッツ編集部は28日、同日発売の「スピリッツ22・23号」に掲載された『美味しんぼ』内で、福島第1原発から戻ってきた主人公らが鼻血や疲労感に襲われるなどする描写について、「風評被害を助長する内容ではないか、とのご意見も頂戴しておりますが、そのような意図はない」と釈明している。

 同日の「美味しんぼ」では、主人公らが鼻血や疲労感を訴える場面があり、双葉町元町長の井戸川克隆氏が「私も鼻血が出ます。今度の立候補を取りやめたのは疲労感が耐え難いまでになったからです」「福島では同じ症状の人が大勢いますよ。言わないだけです」と真顔で発言している。

 同編集部は、これらの描写や表現について「綿密な取材に基づき、作者の表現を尊重して掲載させていただきました」と説明。さらに、「鼻血や疲労感が放射線の影響によるものと断定する意図は無く、取材先の皆様の実体験や作者の実体験について、作中登場の実在の医師に見解を問う展開となっております」と釈明した。

 また、風評被害を助長しているという意見に対しては「そのような意図はなく、すでに掲載済みの『美味しんぼ』作中でも、きちんと検査が行われ、安全だと証明されている食品・食材を、無理解のせいで買わないことは、消費者にとっても損失であると述べております」とし、理解を求めている。



オリコントピックス